留依蒔世の新人公演主演時代

留依蒔世(るい まきせ、6月23日)は宝塚歌劇団97期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔4〕。

愛称は本名から「あずさ、あーちゃん」、芸名から「るいくん、まきせ」。

身長は172㎝。

出身地は兵庫県尼崎市。出身校は市立塚口中学。

 

趣味は映画・音楽(好きな音楽)鑑賞〔4〕。

集めている品は良い香りがする物、オーガニックの物〔4〕。

好きな花はバラ〔4〕。

好きな色はミントグリーン、深紅〔4〕。

好きな食べ物はチーズ、生麩、野菜(美味しい物)〔4〕。

好きな飲み物は抹茶〔4〕。

憧れのタカラジェンヌは水夏希、音月桂〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

好きだった役は「the WILD Meets the WILD」のマック、「白夜の誓い」新人公演のカール・ポンタス・リリホルン〔4〕。

演じてみたい役は様々な役、「エリザベート」のルキーニ〔4〕。

 

同期生は個性的でユーモアがあり、先生にも「個性的だ」と言われている〔5〕。

 

2009年に宝塚音楽学校に入学。

 

2011年に宝塚歌劇団に97期生として入団し、星組公演「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」で初舞台を踏む。

宝塚音楽学校の卒業式で卒業生総代を務め、「大輪の花咲く日を夢見ながら頑張ってまいります」と答辞を述べた〔2・3〕。

卒業生代表インタビューには、「97期生は先生方からも個性的だと言われています。一人一人が個性的でユーモアがあります」と答えた〔5〕。

 

2012年度の「阪急阪神電鉄」初詣ポスターモデルを務め、宙組に配属される。

2014年に「ベルサイユのばら―オスカル編―」の新人公演でアラン役、「白夜の誓い ―グスタフIII世、誇り高き王の戦い―」の新人公演でカール・ポンタス・リリホルン役を務める。

2015年の「相続人の肖像」を怪我のため全日程休演。

 

2016年の「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~/HOT EYES!!」を怪我のため全日程休演し、「エリザベート-愛と死の輪舞-」の新人公演でフランツ・ヨーゼフ役、「バレンシアの熱い花/HOT EYES!!」で初エトワールを務める。

休演中は料理や読書をしていた〔6〕。

ファンには千羽鶴を贈られた〔6〕。

休演した事で宝塚の温かさを知る事ができた〔6〕。

 

2017年に「王妃の館 -Château de la Reine-」で新人公演初主演を務め、「宝塚巴里祭2017」に出演。

「王妃の館」で新人公演初主演に決まった時は、嬉しくて泣いてしまった〔6〕。

役作りでは、自分たちが真剣であるほど観客が面白くなる事を意識した〔6〕。


Sponsored Link

入団前

小学生の頃はテレビで「吉本新喜劇」を見ていた〔6〕。

将来の夢はバレリーナだった〔6〕。

「エリザベート」を観劇して水夏希のトートの格好良さに惹かれ、踊りだけではなく歌や芝居などの好きな事が全部できるので宝塚受験を決意した〔1・6〕。

 

1998年に宙組公演「エクスカリバー/シトラスの風」を観劇。宝塚歌劇初観劇となる〔1〕。

2007年に雪組公演「エリザベート」を観劇〔1〕。

 

主演・エトワール

・新人公演1回

王妃の館 -Château de la Reine-」(初主演)

 

・エトワール1回

バレンシアの熱い花/HOT EYES!!」(初エトワール)

 

関連ページ

所属:97期生宙組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、宝塚GRAPH

2、「宝塚音楽学校で第97期生卒業式」 スポニチアネックス

3、「宝塚音楽学校で卒業式 97期生の34人」 日刊スポーツ

4、宝塚おとめ 2011年度版~

5、「「第97期卒業式」感激リポート」 レビュー・ステイション

6、「魅・宝塚、たゆまぬ挑戦 けが克服涙の初主演 宙組・留依蒔世」 毎日新聞

コメントを残す

このページの先頭へ