潤花の新人公演時代

潤花(じゅん はな、9月19日)は宝塚歌劇団102期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔2〕。

愛称は本名から「かの」。

身長は164cm。

出身地は北海道旭川市。出身校は旭川藤女子高(1年修了)。

妹がいる〔1〕。

 

趣味はお洒落をする事、掃除〔2〕。

特技は大きな声を出す事〔2〕。

集めている品は個性的な洋服〔2〕。

好きな花は百合〔2〕。

好きな色は白〔2〕。

好きな食べ物は肉、母親の手料理〔2〕。


Sponsored Link

宝塚時代

得意なのはダンス〔1〕。

苦手だったのは歌〔1〕。

演じてみたい役は色々な役〔2〕。

 

2014年に宝塚音楽学校に入学。

2016年に宝塚歌劇団に102期生として入団し、星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で初舞台を踏み、雪組に配属される。

 

入団前

6歳からクラシックバレエを習い、「内山玲子バレエスタジオ」に通っていた〔1〕。

宝塚受験前から都内の専門スクールで歌のレッスンを受けていた〔1〕。

 

「愛と革命の詩」を観劇して「同じ舞台に立ちたい」と思い宝塚受験を決意し、高校1年修了時に初めての受験で合格した〔1〕。

宝塚受験の合格者インタビューには、「すごく嬉しかった。夢が叶った」と答えた〔1〕。

 

2012年に「全日本バレエ・コンクール」の道内大会で創作部門・優秀賞を受賞〔1〕。

2013年に花組公演「愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-/Mr. Swing!」を観劇。宝塚歌劇初観劇となる〔1〕。

 

関連ページ

所属:102期生雪組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、「旭川の今宮さん、タカラヅカ合格 北海道内唯一「娘役になりたい」」 47NEWS

2、宝塚おとめ 2016年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ