海乃美月の新人公演ヒロイン時代

海乃美月(うみの みつき、5月18日)は宝塚歌劇団97期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は周囲の知恵を借り、実家の近くに海があり、夜の海に映る月が美しい事からイメージして家族や恩ある人に名付けられた〔1・13・14〕。

タカラジェンヌに多い漢字だけの芸名〔3〕。

愛称は本名から「えり」、芸名から「うみ、くらげ」。

身長は163→164㎝。血液型はO型。

真面目な性格の優等生〔2・12〕。

出身地は富山県氷見市。出身校はかたかご幼稚園、市立北部中学。

父親は氷見市観光協会会長の松原勝久。

 

趣味は食事(鍋)、ショッピング、デコレーション(小物)、読書(漫画)、映画鑑賞〔14〕。

集めている品はアクセサリー、キラキラした物、ディズニーグッズ〔14〕。

好きな花は桜、白百合、バラ〔14〕。

好きな色は赤、ピンク、白〔14〕。

好きな食べ物は菓子(苺味の物、チョコレート、ラスク、マカロン、「SARAH」のバナナチーズケーキ)、鍋料理、苺〔14〕。

好きな飲み物は抹茶〔14〕。

 

好きな事は体を動かす事〔9〕。

 

リラックス法は入浴〔18〕。

好きな入浴剤はばらの花の香り〔18〕。

入浴中は宝塚歌劇の音楽を流している〔18〕。

 

憧れのタカラジェンヌは麻尋えりか、白羽ゆり、遠野あすか〔13〕。

憧れの作品は「ベルサイユのばら」〔13〕。


Sponsored Link

宝塚時代

歌、踊り、芝居の三拍子揃った実力派で、小顔で清楚な顔立ちのかっこいいタカラジェンヌとして活躍〔2・7・12・13〕。

目標は気持ちや感情をしっかり訴えて観客に夢を与えられる娘役。相手役の色に染まりつつ自分の個性も出せる、何でもバランス良くできる娘役〔2・3・13〕。

目標にしているタカラジェンヌは夢咲ねね、愛加あゆ〔4〕。

好きな事は歌〔13〕。

好きだった役は「ベルサイユのばら」新人公演のロザリー、「THE KINGDOM」のジェニファー、「PUCK」新人公演のハーミア、「1789」のオランプ・デュ・ピュジェ〔14〕。

演じてみたい役は色々な役〔14〕。

 

新人公演では本役に相談しながら自分流の芝居を見い出していた〔1〕。

 

2009年に宝塚音楽学校に入学。

暁千星とは掃除する場所などがいつも同じだった〔1〕。

 

2011年に宝塚音楽学校の卒業式で校長賞を受賞し、宝塚歌劇団に97期生として入団し、星組公演「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」で初舞台を踏む。

 

2012年に月組に配属され、「春の雪」で房子役を務め注目される。

「春の雪」の役作りでは、房子の生き方を考えながら勉強した〔13〕。

 

2013年に「Fantastic Energy!」を足の怪我のため一時休演した暁千星の代役でロケット、「月雲の皇子-衣通姫伝説より-」の天王洲 銀河劇場公演で酒見郎女役、「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」で新人公演初ヒロインを務める。

2013年の目標は、見ている人に気持ちを伝えられる芝居、歌、踊りをする事〔18〕。

「西部観光」から観光バス「海乃美月号」が運行される。

 

「ベルサイユのばら」の新人公演では、配役を見た時に目を疑い、憧れの作品だったのでプレッシャーがあり、必死で周りが見えなかった〔9・13・18〕。

役作りでは、過去の映像や原作から人物像を研究し、オスカルとベルナールへの別物の愛を表現できるようにした〔13・18〕。

 

2014年に「明日への指針 ―センチュリー号の航海日誌―/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で新人公演ヒロイン、「THE KINGDOM」で早乙女わかばとダブルヒロイン、「PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」で新人公演ヒロインと初エトワールを務める。

「明日への指針」では、少女の役なので声のトーンを意識した〔2〕。

新人公演では、「ベルサイユのばら」で相手役との絡みが少なかったので、初ヒロインのつもりで臨み細かい芝居を追求する事を課題にした〔4・5〕。

 

「TAKARAZUKA 花詩集100!!」では、ダンサーの愛希れいかについていけるように頑張った〔4〕。

 

「THE KINGDOM」では、正塚晴彦に「男勝りで冷静な頭をもったカッコいい女性役のイメージに合う」と言われた事が自信に繋がった〔9〕。

 

「PUCK」の新人公演は観客の力で演じ切った〔6〕。

 

2015年に「1789 -バスティーユの恋人たち-」で早乙女わかばとの役替わりでトップスターの相手役、「A-EN」で宝塚バウホール公演初ヒロインを務める。

「1789」では、龍真咲の相手役に抜擢された事に驚き、稽古中は緊張していた〔8・9・11〕。

役作りでは、主役と身分の差があるので恋心を表現するのが難しく、本役を手本にできないので創り上げる力の必要性を感じ、龍真咲の手の温かさを台詞につなげた〔9・11〕。

ラブシーンでは龍真咲に身を任せた〔11〕。

ヒロイン経験豊富な早乙女わかばとの役替わりなので、勉強させてもらいながら自分なりに演じた〔9〕。

龍真咲には「緊張を忘れるぐらい役に陶酔、没頭して」と言われた〔10〕。

 

2016年に龍真咲ディナーショー「Goodbye Fairy」、11月12日に「能越商工観光懇談会」の第2回「能越道交流会」に出演し、「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-」でお市役、新人公演で妻木役を務める。

氷見市窪の「明文堂書店TSUTAYA氷見店」に特集コーナーが設置された。

 

2017年に「グランドホテル」で早乙女わかばとの役替わりでフリーダ・フラム役と新人公演ヒロイン、「瑠璃色の刻」でヒロインを務める。

「グランドホテル」の新人公演の自己評価は、役として生きられた実感はあるが、役柄に感情移入し過ぎて技術的にできなかった事があったので50点以下〔15・16・17〕。


Sponsored Link

入団前

子供の頃から体を動かす事が好きだった〔9〕。

3、4歳頃から「和田朝子舞踊研究所」でモダン・クラシックバレエ、現代舞踊を習い、小学生の頃は合唱隊に所属していた〔9・13〕。

宝塚歌劇は星組公演を観る事が多かった〔13〕。

小学4年生の時に「ベルサイユのばら」を見て宝塚にハマり、2006年に「ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―」を観劇して麻尋えりかに憧れ、宝塚受験を決意した〔1・9・13・18〕。

 

2003年にバレエスタジオのバスツアーで星組公演「王家に捧ぐ歌」を観劇。宝塚歌劇初観劇となる〔9・13〕。

「ベルサイユのばら」を鑑賞〔1〕。

 

2006年に星組公演「ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―」を観劇〔9〕。

2007年に「とやま舞台芸術祭2007 全日本地域選抜モダンダンス ガラ・イン利賀」に出演。

2008年に「第1回とやま世界こども舞台芸術祭」の開演公演「夢の時間」で主役を務める。

 

主演・エトワール

・本公演(相手役)1回

1789 -バスティーユの恋人たち-」(役替わり)

 

・TBS赤坂ACTシアター公演1回

瑠璃色の刻

 

・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演2回

「瑠璃色の刻」

THE KINGDOM

 

・日本青年館大ホール公演1回

「THE KINGDOM」

 

・宝塚バウホール公演1回

A-EN」(初ヒロイン)

 

・新人公演4回

グランドホテル

PUCK

明日への指針 ―センチュリー号の航海日誌―/TAKARAZUKA 花詩集100!!」

ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」(初ヒロイン)

 

・エトワール1回

「PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」

 

関連ページ

所属:97期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link


ページ: 1 2

9 Responses to “海乃美月の新人公演ヒロイン時代”

  1. kiki&jiji より:

    瑠璃色みました
    ステキでした。
    うみちゃんも月組も応援してます。

  2. グランド蛍男 より:

    GRANDHOTELのうみちゃんフラムシェンをムラで正月21日に一階20列センターブロックで拝見しました。
    奇遇にも東京初日も2月は21日で二階前列下手チケットを入手しました。
    楽しみです。
    うみちゃんがトップちゃぴちゃんのグルーシンスカを演じる新人公演、これも何としても観劇したい。
    基本1789うみちゃんオランプが好みでしたがうみちゃんフラムシェンにも魅了されました。

  3. 海乃美月ファンクラブメンバー より:

    アーサー王伝説楽しみです。ツイッターで、うみちゃんの入待ち写真見つけました。笑顔、可愛いです。ツンツン顔のお芝居は嫌いじゃないけど、やっぱり可愛いうみちゃんが良いですね。アーサーで可愛い観れるかな

  4. 俺んぷ より:

    塚狂さんへ
    私はもともと☆組中心でしたけど1798以来
    海乃オランプ大ファンで塚狂さんの倍数観劇しました。
    NOBUNAGAも観ました。
    でも、そのあと尚更に海乃オランプをもう一度見たい衝動に駆られてます。

  5. 永遠 より:

    Voiceよかった、海乃先生の日観劇で得した気分で梅田にー。
    1幕はこれまでの作品のダイジェスト版アレンジの脚本で、あっという間に1時間が過ぎ30分位にしか感じませんでした。最後のみやちゃとのシーンはうるうるでした。贅沢言えば海ちゃんの高い声がもっと聞きたかったけど
    2幕のもう月組パワー全開、ショートヘアーの海ちゃん素敵すぎですから、みやちゃんの脚羨ましいレベル以上に細すぎですから、龍さんカッコよすぎですから、みんなレベル高すぎですから、キラキラしすぎで、カッコよすぎであれから興奮して寝れませんから、早くDVD出してー

  6. タカラヅカ スペシャル より:

    暮れの宝塚スペシャル観劇しました。オープニング案内が館内に流れ

    「これ、うみちゃん(海乃美月)の声だよね」

    と館内でドヨメキがありました。素敵な声でしたよ。

    舞台降りでは2m内に 近くで見るとすごくー可愛い なんだろーーー

    このオーラはーーーーーワクワクドキドキでした。

  7. 京都東大阪観劇会 より:

    宝塚歴15年の親睦観劇会のお世話をして8年になります。
    明日海りおさんが在籍中から月組をよく見るようになり、今は花組と月組を中心に観劇している婦人28名プラス娘達の会です。
    男役ファンは好み分散気味ですが、海乃美月さんはトップ娘役に娘1なってほしいタカラジェンヌで一致しています。

    月組は成績優秀な人材が集まっていることで有名ですが、1789を観ての感想は芝居の月と云われるに相応しい演技で、トップの龍真咲さんとデュェツトにも十分聞き応えを感じました。ダンスは目立って魅力的で常に私達を魅了します。12月の舞台も期待しています。頑張って下さい。

  8. 京都観劇会 より:

    海乃美月さんは娘1になってほしいジェンヌさんです。
    1789を観ても芝居の月組にふさわしく更にダンスは私達を魅了

  9. 塚狂 より:

    1789の海ちゃんオランプにハマッて結局三回も観ました。&前楽も観たのですが、見る度美しくなってく凄い、単に好きな娘役とちゃう、女性が憧れる女性です。東京宝塚にも行くよー。

コメントを残す

このページの先頭へ