水夏希の退団理由・退団後・結婚

水夏希(みず なつき、8月16日)は宝塚歌劇団79期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は恩師に名付けられた。愛称は「ちか」、芸名から「ミズ、ナツキ」。

身長は169cm。血液型はA型。

出身地は千葉県千葉市。出身校は千葉県立千葉女子高等学校。

姉妹は姉と双子の妹。

所属事務所はブルーミングエージェンシー。

宝塚時代

1991年に宝塚音楽学校に入学。

1993年に宝塚歌劇団の79期生として入団し、月組公演「グランドホテル/BROADWAY BOYS」で初舞台を踏む。

1994年に月組に配属される。

1995年に「ME AND MY GIRL」で新人公演初主演を務める。

1996年に「CAN-CAN」で新人公演主演を務める。

1998年に花組へ組替え。

1999年に「夜明けの序曲」と「タンゴ・アルゼンチーノ」で新人公演主演、「ロミオとジュリエット’99」でバウホール公演初主演を務める。

2000年にベルリン公演の選抜メンバーを務め、宙組へ組替え。

2001年に「フィガロ!」でバウホール公演主演、「ベルサイユのばら2001」で彩輝直との役替わりでオスカル役とアンドレ役を務める。

2002年に初ディナーショー「SOUL~煽動する魂~」を開催し、「鳳凰伝」でバラク役を務める。

2003年に「里見八犬伝」でバウホール公演主演、「白昼の稲妻」でランブルーズ侯爵役を務める。

2004年に雪組公演「スサノオ-創国の魁-」と花組公演「La Esperanza-いつか叶う-」に特別出演。

2005年に雪組へ組替え。

2006年に星組公演「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリーアントワネット編-」に特別出演しオスカル役を務め、全組(5組)制覇を果たす。「ベルサイユのばら-オスカル編-」で役替わりでアラン役とアンドレ役、「ベルサイユのばら-オスカル編-」でオスカル役を務め、雪組トップスターに就任。

2007年に「星影の人/Joyful!!II」がお披露目公演、「エリザベート -愛と死の輪舞-」が宝塚大劇場お披露目公演となり、世界陸上大阪大会のユニット「AQUA5」を結成。

 

2009年の「ZORRO 仮面のメサイア」では、トップスターが舞台で顔を隠すのはタブーだったが、顔ではなく全身で格好良さや正義感を表現した〔1〕。

 

2010年に「ロジェ/ロック・オン!」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

入団前

高校生時代はミュージカル部に所属し、「戦争と平和」で宝塚歌劇を初観劇。「ベルサイユのばら」を観劇して宝塚受験を決意し、高校2年生のときからバレエを習い、2度目の受験で合格した。

 

退団後

女優、声優として活動。

 

2010年に女優として「ブルーミングエージェンシー」に所属。

2011年にテレビドラマ「スミレ刑事の花咲く事件簿 episode 0」と舞台「スミレ刑事の花咲く事件簿」で主演を務める。

2017年に「レジェンヌ」で映月水役を務め、「Todos del Tango」に出演。

 

主演・エトワール

・トップ時代

ロジェ/ロック・オン!」(退団公演)

「ソルフェリーノの夜明け」-アンリー・デュナンの生涯-/Carnevale 睡夢」-水面に浮かぶ風景-』

 

・新人公演4回

「ME AND MY GIRL」(初主演)

「CAN-CAN」

「夜明けの序曲」

「タンゴ・アルゼンチーノ」

 

・宝塚バウホール公演3回

「ロミオとジュリエット’99」(初主演)

「フィガロ!」

「里見八犬伝」

 

・ディナーショー1回

「SOUL~煽動する魂~」

 

関連ページ

トップ娘役の同期生:大鳥れい

所属:79期生花組月組雪組宙組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、「GO!GO!宝塚 格好良さや正義感を全身で表現 宝塚雪組・水夏希」 日刊スポーツ

コメントを残す

このページの先頭へ