檀れいの退団理由・退団後・結婚

檀れい(だん れい、8月4日)は宝塚歌劇団78期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名の由来は本名と同音の木「檀」から。

愛称は本名から「まゆみ」、芸名から「だん(ちゃん)、だんきち」、中国では「タン・リー」。

身長は162cm。血液型はA型。

出身地は京都府中郡。出身校は浜坂高等学校。

所属事務所は松竹エンタテインメント。

夫は俳優、歌手の及川光博。

宝塚時代

1990年に宝塚音楽学校に入学。

1992年に宝塚歌劇団の78期生として入団し、雪組公演「この恋は雲の涯まで」で初舞台を踏む。

1993年に月組に配属される。

1997年に雪組へ組替え。

1998年に「浅茅が宿」で新人公演初ヒロインを務める。

 

1999年に月組へ組替えしトップ娘役に就任。

中国公演では「楊貴妃の再来」と讃えられた。

 

2001年に専科へ異動。

2003年に星組へ組替えしトップ娘役に就任。

2005年に「長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

女優として「松竹エンタテインメント」に所属。

 

2006年に「武士の一分」が映画初出演となり、初主演女優を務め、「日本アカデミー賞優秀主演女優賞」を受賞。

2007年に水曜ミステリー9「父からの手紙」で主演を務める。

2009年に舞台「ゼブラ」を鉄欠乏性貧血のため降板。

2010年にドラマ10「八日目の蝉」で主演を務める。

2011年にドラマW「造花の蜜」で主演を務め、俳優、歌手の及川光博と結婚。

2012年に遊佐未森のCDアルバム「淡雪」で退団後CDアルバム初参加。

2013年にプレミアムよるドラマ『ラスト・ディナー第8夜 「永遠の想い」』と『世にも奇妙な物語’13 春の特別編 「不死身の夫」』で主演を務める。

2014年に「福家警部補の挨拶」で主演を務める。

 

入団前

高校時代にファッション誌の読者モデルをしていた。

 

主演・エトワール

・新人公演1回

「浅茅が宿」(初ヒロイン)

 

関連ページ

トップスターの同期生:貴城けい瀬奈じゅん大空祐飛

所属:78期生月組雪組星組専科


Sponsored Link


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ