森奈みはるの退団理由・退団後・結婚

森奈みはる(もりな みはる、3月16日)は宝塚歌劇団74期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名の由来は本名から。愛称は本名と芸名から「みはる」。

身長は158cm。血液型はO型。

出身地は埼玉県川越市。出身校は堀越高等学校。

母親は宝塚歌劇団41期生の武蔵野裕美。

宝塚時代

1986年に宝塚音楽学校に入学。

1988年に宝塚歌劇団の74期生として入団し、花組公演「キス・ミー・ケイト」で初舞台を踏み、花組に配属される。

1990年に「秋…冬への前奏曲」で新人公演初ヒロインを務める。

1991年に「ディーン」でバウホール公演初ヒロインを務め、花組トップ娘役に就任。「百扇花集/スパルタカス」がお披露目公演となる。

1995年に「哀しみのコルドバ/メガ・ヴィジョン」千秋楽で宝塚歌劇団を同時退団。

 

退団後

女優として活動。

 

入団前

高校生のときにタレントとして活動し、高校卒業時に母親の勧めで宝塚受験し、初めての受験で合格した。

 

主演・エトワール

・新人公演1回

「秋…冬への前奏曲」(初ヒロイン)

 

・バウホール公演1回

「ディーン」(初ヒロイン)

 

関連ページ

トップスターの同期生:和央ようか

トップ娘役の同期生:麻乃佳世白城あやか渚あき

所属:74期生花組


Sponsored Link


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ