朱紫令真の新人公演時代

朱紫令真(あかし れいま、8月23日)は宝塚歌劇団100期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は祖母に名付けられた〔1〕。

愛称は本名から「ゆうみん」、芸名から「あかっしー」。

身長は172cm。

出身地は長野県長野市。出身校は県立屋代高校。

 

趣味は食事(美味しい物)、マッサージ、映画・舞台鑑賞〔1〕。

特技はエアロビック、側転〔1〕。

集めている品は紫色の物、アクセサリー〔1〕。

好きな花はヒマワリ〔1〕。

好きな色は紫、朱、オレンジ色、白〔1〕。

好きな食べ物は母親の手料理、肉、プリン〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は様々な役〔1〕。

 

2012年に宝塚音楽学校に入学。

2014年に宝塚歌劇団に100期生として入団し、月組公演「宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台を踏む。

2015年に星組に配属される。

 

関連ページ

所属:100期生星組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、宝塚おとめ 2014年度版~

One Response to “朱紫令真の新人公演時代”

  1. 小池すみ子 より:

    今日は!
    先日は楽しませていただきました。
    これからも活躍の姿見させていただきます。
    頑張って下さいね。

コメントを残す

このページの先頭へ