未来優希の退団理由・退団後・結婚

未来優希(みらい ゆうき、5月8日)は宝塚歌劇団79期生の男役タカラジェンヌ。日本舞踊家・花柳実香優。

芸名は尊師に名付けられた。愛称は本名から「ハマコ」。

身長は166cm。血液型B型。

出身地は東京都渋谷区。出身校は順心女子学園高等学校。

夫はアメフト選手の山中太介。

所属事務所はACT JPエンターテイメント。

 

憧れのタカラジェンヌは麻実れい。


Sponsored Link

宝塚時代

1991年に宝塚音楽学校に入学。

1993年に宝塚歌劇団の79期生として入団し、月組公演「グランドホテル/BROADWAY BOYS」で初舞台を踏む。

1994年に雪組に配属される。

1996年に「エリザベート」の新人公演で皇太后ゾフィー役を務める。

1998年に「心中・恋の大和路」のバウホール公演で与平役を務める。

1999年に「バッカスと呼ばれた男」で新人公演初主演を務める。

2004年に「宝塚巴里祭2004 ボンジュール・パリ」で主演を務める。

2008年に雪組副組長に就任。

2009年に「第8回イゾラベッラ サロンコンサート」に出演し、「ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-/RIO DE BRAVO!!」で体調不良のため休演した雪組組長飛鳥裕の代理を務める。

2010年に『「ソルフェリーノの夜明け」-アンリー・デュナンの生涯-/Carnevale 睡夢」-水面に浮かぶ風景-』でエトワールを務め、東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

2010年にXリーグ「エレコム神戸ファイニーズ」のアメフト選手・山中太介と結婚し、女優としてACT JPエンターテイメントに所属。

2012年に長女を出産。

2017年に「DIVA~輝きつづける女たち~」に出演。

 

入団前

5歳の時から日本舞踊、小学校の時から宝塚受験のためにバレエ、タップ、ジャズダンス、モダンダンスを習い、中学生の時から声楽を習っていた。

宝塚ファンの母親の影響で宝塚歌劇を観劇し、麻実れいに憧れていた。

 

主演・エトワール

・新人公演1回

「バッカスと呼ばれた男」(初主演)

 

・宝塚ホテル公演

「宝塚巴里祭2004 ボンジュール・パリ」

 

・エトワール

「ソルフェリーノの夜明け」-アンリー・デュナンの生涯-/Carnevale 睡夢」-水面に浮かぶ風景-』(退団公演)

 

関連ページ

トップスターの同期生:水夏希

トップ娘役の同期生:大鳥れい

所属:79期生雪組


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ