春野寿美礼の退団理由・退団後・結婚

春野寿美礼(はるの すみれ、12月15日)は宝塚歌劇団77期生の男役タカラジェンヌ。

芸名の由来は「万葉集」の山部赤人の句「春の野の すみれ摘みにと こしわれそ 野を懐かしみ 一夜寝にける」から。愛称は「おさ、まさちゃん」。

身長は168cm。血液型はAB型。

出身地は東京都狛江市。出身校は国本女子高等学校。

所属事務所は梅田芸術劇場。


Sponsored Link

宝塚時代

歌唱力が高いタカラジェンヌとして活躍〔1〕。

平成に入団したタカラジェンヌ初のトップスター。

生え抜きでトップスターに就任し、在任期間は5年6か月。

トップ娘役3名の相手役を務める。

 

1989年に宝塚音楽学校に入学。

1991年に宝塚歌劇団の77期生として入団し、月組公演「ベルサイユのばら―オスカル編―」で初舞台を踏む。

1992年に花組に配属される。

1994年に「ブラック・ジャック 危険な賭け」の新人公演でケイン役を務める。

1996年に「ハウ・トゥー・サクシード」第2部で新人公演初主演を務める。

1997年に「失われた楽園」と「ザッツ・レビュー」で新人公演主演を務める。

1999年に「冬物語」でバウホール公演初主演を務める。

2000年に初ディナーショー「SUMIRE 2000~メタモルフォーゼス~」を開催。

2001年に三井住友VISAカードのイメージキャラクターに就任。

2002年に「琥珀色の雨にぬれて/Cocktail」の東京宝塚劇場公演で匠ひびきの代役として主演を務め、花組トップスターに就任。「あかねさす紫の花/Cocktail」がお披露目公演、「エリザベート」が宝塚大劇場お披露目公演となる。ディナーショー「S(es)」を開催。

2007年に世界陸上の開会式で君が代を担当し、ディナーショー「etude」を開催。「アデュー・マルセイユ/ラブ・シンフォニー」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

歌手、女優として活動。

 

2009年に会社経営者男性と結婚。

 

主演・エトワール

・本公演

「琥珀色の雨にぬれて」(代役)

 

・新人公演3回

「ハウ・トゥー・サクシード」(初主演)

「失われた楽園」

「ザッツ・レビュー」

 

・バウホール公演1回

「冬物語」

 

・ディナーショー3回

「SUMIRE 2000~メタモルフォーゼス~」(初ディナーショー)

「S(es)」

「etude」

 

関連ページ

トップスターの同期生:安蘭けい朝海ひかる

トップ娘役の同期生:花總まり

所属:77期生花組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、「宝塚歌劇団プロジェクト 朝夏まなとさんインタビュー<前編>」 ゴーゴーご組

コメントを残す

このページの先頭へ