春矢祐璃の新人公演時代

春矢祐璃(はるや ゆうり、4月25日)は宝塚歌劇団99期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は尊敬する人の知恵から名付けられた〔1〕。

愛称は「わさちゃん」、本名から「みはる、みっぱ」、芸名から「はるや、ゆうり」。

身長は170㎝。

出身地は香川県仲多度郡。出身校は県立丸亀高校。

 

趣味は舞台・DVD鑑賞、ショッピング、アロママッサージ、温泉巡り、動物と触れ合う事、コンサートに行く事〔1〕。

集めている品はパンダグッズ〔1〕。

好きな花はスイートピー〔1〕。

好きな色は薄紫、黒、水色〔1〕。

好きな食べ物はカヌレ、苺、すき焼き、韓国料理、おにぎり〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は色々な役〔1〕。

 

2011年に宝塚音楽学校に入学。

2013年に宝塚歌劇団に99期生として入団し、雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台を踏む。

2014年に花組に配属される。

 

関連ページ

所属:99期生花組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、宝塚おとめ 2013年度版~

One Response to “春矢祐璃の新人公演時代”

  1. 丸亀実代 より:

    今日千秋楽
    とても良かったです
    出待ちで春矢さんに
    失礼ながらお声かけさせて頂き
    快くお話しして下さって
    ありがとうございました^_^

    これからの、春矢さんのご活躍を楽しみにしています^_^

コメントを残す

このページの先頭へ