星風まどかの新人公演ヒロイン時代

星風まどか(ほしかぜ まどか、11月11日)は宝塚歌劇団100期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は本人のイメージから「円」の漢字を宝塚音楽学校時代の恩師にもらい、平仮名の「まどか」にして相談して決めた〔2・7〕。

愛称は「ちき」、本名から「かなめっち」、芸名から「まどか」。

身長は162cm。

温厚な性格〔2〕。

出身地は東京都国分寺市。出身校は国立音楽大学付属中学。

母親は宝塚ファン〔3・8〕。

 

趣味は舞台鑑賞、ショッピング〔7〕。

特技はピアノ〔7〕。

集めている品はアクセサリー(髪飾り)、キラキラした物〔3・7〕。

好きな花はバラ〔7〕。

好きな色は薄紫、白、ピンク〔7〕。

好きな食べ物は抹茶スイーツ、肉、果物、ヨーグルト〔7〕。

好きな事は踊る事〔2〕。

 

リラックス法は家でCS放送の宝塚歌劇専門チャンネルを見る事〔8〕。


Sponsored Link

宝塚時代

表現力豊かなタカラジェンヌとして活躍〔2・5〕。

休日でも宝塚から離れたくない〔8〕。

苦手なのは歌〔8〕。

目標はどんな役でも演じ分けができる、キラキラと輝く爽やかな娘役〔1・2・3〕。

目標にしているタカラジェンヌは実咲凜音〔2〕。

演じてみたい役は色々な役〔7〕。

 

2012年に宝塚音楽学校に入学。

2014年に宝塚音楽学校の卒業式で校長賞を受賞。宝塚歌劇団に100期生として入団し、月組公演「宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台を踏み、「白夜の誓い」でグスタフIII世の少年時代役を務める。

「白夜の誓い」では、凰稀かなめにカツラの事などをアドバイスされた〔1〕。

 

2015年度の「阪急阪神電鉄」初詣ポスターモデルを務め、宙組に配属される。「『王家に捧ぐ歌』 -オペラ「アイーダ」より-」で新人公演初ヒロイン、「相続人の肖像」で宝塚バウホール公演初ヒロイン、大阪中央郵便局の「年賀はがき発売セレモニー」で一日郵便局長を務める。

「王家に捧ぐ歌」で新人公演初ヒロインに決まった時は、目が点になったが桜木みなとに付いて行く事にした〔3・5・6〕。

役作りでは、実咲凜音の稽古の様子を見て芯の強さと歌唱力に近づけるようにした〔2・3〕。

舞台挨拶での自己採点は桜木みなとにつられて100点〔5・6〕。

 

2016年に「ヴァンパイア・サクセション」でヒロイン、「エリザベート-愛と死の輪舞-」でルドルフの少年時代と新人公演ヒロイン、「バレンシアの熱い花」で伶美うららとダブルヒロインを務める。

「エリザベート」の役作りでは、成人して死に至るまでの背景になる部分なので深く作り込んだ〔8〕。

新人公演の稽古では、曲が難しい作品なので、毎日楽譜とにらめっこしていた〔12〕。

課題は歌が大切な作品なので、歌唱力を上げて成長する事〔9・10・11・12〕。


Sponsored Link

入団前

小学2年生からバレエを習っていた〔1・2〕。

物心付く前から母親と宝塚歌劇を観劇していた影響で、生まれながらの宝塚ファンだった〔1・2・3・8〕

宝塚ファンだったので舞台に憧れ、その流れで宝塚受験を決意した〔1・2〕。

 

2003年に母親と星組東京宝塚劇場公演「王家に捧ぐ歌」を観劇〔2・3・5〕。

2008年に月組公演「ME AND MY GIRL」を観劇。宝塚大劇場公演での初観劇となる〔1〕。

2017年に「王妃の館 -Château de la Reine-」でミチル役と新人公演のディアナ役を務める。

 

主演・エトワール

・全国ツアー公演1回

バレンシアの熱い花」(ダブルヒロイン)

 

・KAAT神奈川芸術劇場公演1回

ヴァンパイア・サクセション

 

・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演1回

「ヴァンパイア・サクセション」

 

・宝塚バウホール公演1回

相続人の肖像」(初ヒロイン)

 

・新人公演2回

エリザベート-愛と死の輪舞-

『王家に捧ぐ歌』 -オペラ「アイーダ」より-」(初ヒロイン)

 

関連ページ

所属:100期生宙組


Sponsored Link


Sponsored Link


ページ: 1 2

One Response to “星風まどかの新人公演ヒロイン時代”

  1. 麗しの思い出 より:

    いい生徒が入って、これからも宝塚から目が離せませんね。娘役の中では星風まどかと華雪りらの二人を応援していきたいですね。

コメントを残す

このページの先頭へ