星乃あんりの退団理由・退団後・結婚

星乃あんり(ほしの あんり、9月8日)は宝塚歌劇団95期生の娘役タカラジェンヌ。

「樋屋製薬」イメージキャラクター。

芸名は知人の知恵を借り、覚えてもらいやすいように自分と母親が好きな「星」と「杏」を組み合わせて家族で考えた〔4・5〕。

愛称は本名から「ひろこ、ぴのこ」、芸名から「あんり」。

身長は160cm。血液型はA型。

のんびり屋〔4〕。

出身地は福岡県福岡市。出身校は中村学園女子高校(卒業)。

妹は宝塚歌劇団97期生の春妃うらら。

 

趣味はDVD・映画鑑賞、ショッピング、散策、カフェ巡り、読書、料理〔5〕。

集めている品はアクセサリー(髪飾り)、帽子、アロマグッズ、バスソルト、天使の物〔5〕。

好きな花はチューリップ、桜〔5〕。

好きな色はピンク(パステルピンク)、ラベンダー色、白、ゴールド、黄、オレンジ色、ミントグリーン〔5〕。

好きな食べ物はチョコレート、豆腐料理、マカロン、和菓子〔5〕。

好きな飲み物は抹茶、紅茶〔5〕。

 

好きな大州はヨーロッパ〔4〕。

憧れのタカラジェンヌは遠野あすか〔4〕。


Sponsored Link

宝塚時代

目標は観客に夢と希望を与えられる娘役〔4〕。

好きだった役は「ロミオとジュリエット」新人公演のキャピュレット(女)、「仮面の男」新人公演のルイーズ、「ROYAL STRAIGHT FLUSH!!」のウサギ、「パルムの僧院」のクレリア、「灼熱の彼方」のウィビア〔5〕。

演じてみたい役は色々な役、この世の者ではない役〔5〕。

 

夢咲ねねとは「ルックスが似ている」と言われる〔4〕。

 

2007年に宝塚音楽学校に入学。

2009年に宝塚歌劇団に95期生として入団し、宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは・・・」で初舞台を踏み、雪組に配属される。

 

2011年に『「灼熱の彼方」~「オデュセウス編」と「コモドゥス編」~』の宝塚バウホール公演で夢華あみとのダブルヒロインで初ヒロイン、「仮面の男」で新人公演初ヒロインを務める。

妹の入団と同期生の愛希れいかのトップ就任が刺激になった〔4〕。

 

「灼熱の彼方」では、抜擢された事に緊張し、台本が2冊あったので無我夢中だった〔3〕。

 

2012年に「ドン・カルロス」で新人公演ヒロイン、「双曲線上のカルテ」で宝塚バウホール公演単独初ヒロインを務める。

「ドン・カルロス」の新人公演の役作りでは、身分の違いによる健気さと女官としての芯の強さを表現できるようにした〔4〕。

 

2013年3月2日に「宝塚市観光キャンペーン」のトークイベントに出演し、「Shall we ダンス?」で新人公演ヒロインを務める。

「Shall we ダンス?」では、大人の女性を演じるのは初めてだったので、大人の雰囲気を出すのが難しかった〔1・2〕。

早霧せいなからは役柄を見て大人の女性の演じ方を学んだ〔1〕。

 

2014年に「樋屋製薬」のイメージキャラクターに就任し、「パルムの僧院 ―美しき愛の囚人―」の宝塚バウホール公演で大湖せしるとダブルヒロインを務め、「タカラヅカスペシャル2014―Thank you for 100years―」に出演。

「パルムの僧院」では、イタリアのパルマ市に勉強に行った〔3〕。

 

2015年の「ルパン三世―王妃の首飾りを追え!―」では、「ベルサイユのばら」のフランス革命の時代に「ルパン三世」の新しい視点を取り入れた〔3〕。

「ファンシー・ガイ!」では、大人の振り付けのために映画などを見て勉強した〔3〕。

 

2017年に「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。


Sponsored Link

入団前

幼少期からバレエを習っていた〔3・4〕。

学生時代はヨーロッパが好きなので世界史を選択していた〔4〕。

「コパカバーナ」を観劇して遠野あすかに憧れて宝塚受験を決意し、大学受験と並行して受けた初めての受験で合格した〔3・4〕。

 

高校生の夏に急用のため観に行けなくなった宝塚ファンの祖母の代わりに博多座公演「コパカバーナ」を観劇〔3〕。

 

2006年に宙組公演「コパカバーナ」を観劇。宝塚歌劇初観劇となる〔3・4〕。

 

主演・エトワール

・日本青年館大ホール公演1回

「双曲線上のカルテ」

 

・宝塚バウホール公演3回

パルムの僧院 ―美しき愛の囚人―

双曲線上のカルテ」(単独初ヒロイン)

「灼熱の彼方」~「オデュセウス編」と「コモドゥス編」~』(初ヒロイン)

 

・新人公演3回

Shall we ダンス?

ドン・カルロス

仮面の男」(初ヒロイン)

 

関連ページ

トップ娘役の同期生:実咲凜音妃海風愛希れいか

所属:95期生雪組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、「宝塚雪組新人公演で月城かなとが初主演」 日刊スポーツ

2、「月城かなと 初主演で涙の感謝」 デイリースポーツ

3、「フェアリーインタビュー 雪組 星乃あんり」 ウィズたからづか 2015年02月号

4、「宝塚LOVE 星乃あんり、妹入団で目覚めた「のんびり屋」…雪組新人公演「ドン・カルロス」」 スポーツ報知

5、宝塚おとめ 2009年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ