早霧せいなの退団理由・退団後・結婚

早霧せいな(さぎり せいな、9月18日)は宝塚歌劇団87期生の男役タカラジェンヌ。

愛称は本名から「ちぎ」。

彩風咲奈からは「ちぎさん」。

身長は168cm。血液型はAB型。

真摯で気持ちをストレートに表現する性格で、明るくお茶目でパワフルな体育会系だが、本当は人見知り〔1・6・8・12・15〕。

普段はふんわり優しい雰囲気〔27〕。

出身地は長崎県佐世保市。出身校は長崎県立佐世保西高等学校。

妹はアナウンサーの千北英倫子。

 

趣味はテレビ・映画・舞台鑑賞、乗馬、ドライブ〔3・5・15・29〕。

映画を見る時は映画館派〔29〕。

食べながら観るのが好きだが、ポップコーンは歯に詰まるので食べない〔29〕。

若い頃は地方の映画館で貸切状態で見るのが好きだった〔29〕。

映画館で見かけた時はそっとしておいてほしい〔29〕。

 

集めている品はDVD、鞄〔5〕。

好きな花は朝顔〔5〕。

好きな色はゴールド、ベージュ、黄色〔5・12〕。

 

好きな食べ物はハンバーグ、イタリアン、ごはん、大根の味噌汁、リゾット〔3・5〕。

好きなジェラートはチョコ味〔24〕。

 

好きな星は探しやすいオリオン座〔12〕。

好きな香りは甘い香り〔14〕。

好きな俳優は本木雅弘〔15〕。

好きなアーティストは尾崎豊〔16〕。

好きな楽曲は「十七歳の地図」〔16〕。

 

夏の暑さ対策は氷〔12〕。

愛車はオートマチック車〔14〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演技力とダンス力が高く、アドリブ満載の美形タカラジェンヌとして活躍〔1・2・3・4・6・8・12・13〕。

発散系の熱い役が似合う〔10〕。

目標は長崎県民に喜ばれる存在〔28〕。

元気の源はみんなと話す事と寝る事〔9〕。

コンプレックスは男役の中で小柄な事〔27・28〕。

好きだった役はヴァーツラフ・ニジンスキー、坂本龍馬〔5〕。

演じてみたい役は「赤と黒」のジュリアン・ソレル、オスカル〔5・17〕。

好きな衣装は軍服〔8〕。

 

役作りのために人間観察している〔2〕。

小柄なので男役の見せ方を研究し、追究し続けている〔2・28〕。

役は細部から作り上げるタイプで、見た映像の影響を受けやすく、心配されるほどのめり込む〔13・15〕。

昔から日本物をやりたいと思っていた〔7〕。

 

原作物は「原作の世界に入って行く難しさ」と「宝塚らしさも表現する難しさ」があるのでやりずらいが、「原作から受けたインスピレーションを大切に表現したらファンに喜んでもらえる」という手応えを感じる事ができたので、難しさも楽しむ事ができた〔27・28〕。

役作りでは原作のイメージが濃くあるので、演じる役に注目し過ぎて役以外のものが見えなくならないように「お客様的な感じのポジション」から見ている〔27・28〕。

 

健康管理のためにお灸シールを貼り、冷え性のために風水で体を温めるベージュ色に模様替えし、空腹時のために一口サイズのおにぎりを用意し、炭酸ガス入浴剤を毎回ボトル1本分入れて入浴し、高機能マットで良く睡眠を取っている〔2・13・14〕。

 

沙央くらまとはルックスや役割から比べられている〔17〕。

下級生の悩み相談をしている〔1〕。

宝塚大劇場は「宝塚に入りたい」という思いを抱いた原点の場所〔30〕。

 

1999年に宝塚音楽学校に入学。

 

2001年に宝塚歌劇団の87期生として入団し、宙組公演「ベルサイユのばら2001~フェルゼンとマリー・アントワネット編~」で初舞台を踏み、宙組に配属される。

初舞台では舞台に立てる喜び、観客に喜ばれているという実感、観客の拍手が明日へのエネルギーになるという実感を素直に受け止める事ができ、舞台を続けられるエネルギーになった〔28〕。

 

2002年に佐世保市の「市制100周年記念事業開幕記念式典」で総合司会を務める。

2003年に「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第2期スカイ・フェアリーズに就任。

 

2006年に「NEVER SAY GOODBYE―ある愛の軌跡―」で新人公演初主演、「維新回天・竜馬伝!」で新人公演主演を務める。

「維新回天・竜馬伝!」では、マンガや本を読み、坂本龍馬縁の地を訪問してイメージを膨らませた〔7〕。

 

背の高い男役と一緒に踊っていた時に、先生が「早霧ぐらい大きく動いて、みんなも踊ってみなさい」と言ったので、「こんな小さな私が大きく踊って見えるんだ」と驚き自信が付いた〔27〕。

 

2007年にテレビ番組「ひるじげドン」で妹の千北英倫子と共演。

この頃から食べても太らなくなった〔16〕。

 

2008年に「殉情」で宝塚バウホール公演初主演を務める。

「殉情」では主役の役作りが評価された〔2・3〕。

 

2009年に「外伝ベルサイユのばら アンドレ編」でオスカル役を務め、雪組へ組替え。「雪景色」で宝塚バウホール公演主演を務める。

「外伝ベルサイユのばら」では、オスカル役を役替わりで演じたことが話題になった〔18〕。

役作りでは、髪を金髪に染め抜き、歴代オスカル役の写真を見てカツラを選び、自宅にオスカルのポストカードを置いた〔8〕。

 

組替えの際は人見知りなので不安だったが、宙組が家族のような存在だったので離れる寂しさの方が大きかった〔8・17〕。

「雪景色」では、6役を役替わりで演じたことが話題になった〔17〕。

 

2010年に「国立民族学博物館」のイメージキャラクターと1日館長に就任し、男役2番手に昇格。「ロジェ」でクラウス役を務める。

「ロジェ」の役作りでは、悪のオーラを出せるように演出家と相談してサイドを刈り上げた短髪にした〔2・17〕。

 

2011年に『「ニジンスキー」-奇跡の舞神-』で宝塚バウホール公演単独初主演、『「ハウ・トゥー・サクシード」-努力しないで出世する方法-』でバド役、「仮面の男」でダルタニアン役、「Samourai」で渡会晴玄役を務める。

「ニジンスキー」の役作りでは、尾崎豊とドラマ「風の少年〜尾崎豊 永遠の伝説〜」の成宮寛貴をイメージした〔13・16〕。

「仮面の男」の役作りでは、映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」のジョニー・デップをイメージした〔13・15〕。

 

2012年に「双曲線上のカルテ」で宝塚バウホール公演主演、「ドン・カルロス」でポーザ侯爵役、「JIN-仁-」で坂本龍馬役を務める。

「ドン・カルロス」の役作りでは、TBS系ドラマ「運命の人」の本木雅弘をイメージした〔13・15〕

 

2013年に「若き日の唄は忘れじ」で小和田逸平役、「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」でオスカル役、「Shall we ダンス?」で初ヒロインを務める。

「ベルサイユのばら」の役作りでは、漫画を読み直して夢に見るまで歴代オスカルの映像を見ていた〔14〕。

 

「Shall we ダンス?」の役作りでは、映画「Shall we ダンス?」の草刈民代をイメージした〔13〕

女役の時でも男役である事を忘れないようにするため、普段はスカートを履かないようにして公演ポスターからは目をそらしていた〔13〕。

周囲には「役柄に合っている」と言われた〔13〕。

 

2014年に「一夢庵風流記 前田慶次」で奥村助右衛門役、「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」で全国ツアー公演主演を務める。


Sponsored Link

雪組トップ時代

トップスターは孤独で重責がある立場だと思って見ていたが、皆が真ん中を意識して作品作りに挑んでくれて、ファンも今まで以上に励ましてくれたので、温かさに突き動かされた〔27〕。

 

咲妃みゆは凄い時に寝坊する〔24〕。

可愛い所は質問された時に無言でいると「あっ、違うか」と言う所〔9〕。

司会は100点以上(1000点満点)〔24〕。

デートに連れて行くなら徒歩圏内〔24〕。

 

龍真咲はトップの先輩〔22〕。

望海風斗とは普段から三角関係で、裏ではギスギスしている(ゆうみ「そんな事は無いと思います」)〔20〕。

 

2014年に雪組トップスターに就任。『「伯爵令嬢」-ジュ・テーム、きみを愛さずにはいられない-』がトップお披露目公演となる。

トップ就任時は「宝塚の看板を背負って歩んでいける」という喜びと、「宝塚の存在や良さを知って頂けるチャンスに恵まれた」という思いで身が引き締まった〔28〕。

 

2015年に「ルパン三世 ―王妃の首飾りを追え!―/ファンシー・ガイ!」が宝塚大劇場トップお披露目公演となる。

「ルパン三世」では、ルパンらしい演技を心掛け、もみ上げは宝塚らしく自然に描いた〔4〕。

 

「星逢一夜」の見所は全部〔19〕。

好きな場面は子供時代の仲間たちと戦うまでの流れ〔19〕。

役作りでは、私服でも裃を意識し、少年時代の演技のために近所の9歳の女の子3人に話しかけ、新鮮な気持ちを感情のままに出すことを大切にした〔9・10・12・19〕。

上田久美子には「一本筋が通っていれば大丈夫」とアドバイスされた〔11〕。

 

2016年の「るろうに剣心」の見所は観客の印象に残った所〔24〕。

共感したキャラクターは、周りの大人達に感化されて同じ道を進んでいく明神弥彦。〔20〕。

役作りでは、舞台だから見れる表現の仕方と宝塚らしい華やかさを大切にし、剣心の生き様に自分の思いを重ね、多面性をに合わせて強さや柔らかさを強調し、心を込めて原作に忠実に演じた〔20・21・22・24〕。

 

「ローマの休日」の役作りでは、グレゴリー・ペックの真似にならないようにした〔23〕。

「電動Vespa」は運転しずらいので、ヘルメット無しで二人乗りするのは怖かった〔23・25〕。

 

2017年にNHK「ニュースほっと関西」の 「ホットにこのひと」、NHK「長崎県のニュース」にVTR出演し、6月2日から「宝塚歌劇の殿堂」で手形が展示され、「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

「幕末太陽傳」はコメディタッチな作品で、「悲しいムードで退団するのは逆に寂しい」と思っていたので、「退団公演」というよりも明るい作品の中で「新たな役を見せたい」という気持ちの方が強かった〔26・27〕。

心境は「退団公演」という実感はふと立ち止まった時に思い出すくらいなので、今迄と変わらない〔27〕。

意気込みは舞台は「心が一つでは立ち向かえないもの」だと思うので、「最後の最後まで皆と心を一つに」〔28〕。

初日は「いよいよ始まった」という思いしかなかった〔29〕。

舞台ではバチを落としてしまったがアドリブで笑いに変えた。

アンコールには「1回だからいいんです!」と応えて笑いを取った。

退団理由

宝塚歌劇団は夢が叶って入れた世界で、自分自身を全て注ぎ込んで来たので、今もこれからも悔いなく過ごせると思っている〔27〕。

退団後は今まで宝塚歌劇に向き合って来て、自分でもどうなるか分からないので、退団してから一度ゆっくり自分と向き合って考えたい〔27〕。

 

・退団記者会見

宝塚歌劇の歴史の中に立っている事を実感し、悔いのない形で次の世代にバトンを渡す事ができると確信したので、退団を決意した〔26〕。

思い出は「雪組優勝への思い」と「トップコンビお披露目の思い」が重なった100周年の大運動会〔26〕。

 

・宝塚大劇場公演千秋楽

袴姿で登場。

和物の芝居が多く、周囲から「袴のイメージがある」と言われ、宝塚歌劇団でしか着る事ができない衣装なので袴を選んだ〔30〕。

 

「絆」のシーンでは共演者達の目を見た時に気持ちが高まり涙が溢れた〔30〕。

「サヨナラショー」は観客に楽しんでもらうため、トップ時代の作品の中から印象深いナンバーを選んだ〔30〕。

大階段から見た光景は「世界中探してもこの光景に勝るものはない」と思った〔30〕。

卒業時は夢が叶い充実したので幸せな気持ちになった〔30〕。

無事に宝塚大劇場を卒業する事ができたのでホッとした〔30〕。

 

咲妃みゆには「一緒に歩んでくれてありがとう」という気持ち〔30〕。

宝塚歌劇団には感謝の気持ちでいっぱい〔30〕。

 

入団前

子供の頃から人見知りで、身体を動かす事や壁とキャッチボールする事が好きだった〔1・12〕。

中学生の時はソフトボール部、高校生の時はバレーボール部に所属し、宝塚受験を決意してからバレエを習っていた〔1・16〕。

宝塚歌劇団の事を知ってから宝塚歌劇のビデオを見るようになった〔2〕。

中学生の時に雑誌の特集記事で宝塚歌劇団の事を知り、「女性が男性を演じる世界が面白い」とカルチャーショックを受け、観劇した時に想像以上に華やかだったので、女性が男性を演じる事への格好良さと憧れが芽生え、「男役に挑戦したい」と思い、宝塚受験を決意した〔2・27・28〕。

 

1995年~1996年に花組公演「エデンの東」を観劇。宝塚歌劇初観劇となる〔2〕。

主演・エトワール

・雪組トップ時代10回(宝塚大劇場公演5回)

幕末太陽傳/Dramatic “S”!」(退団公演)

星逢一夜/Greatest HITS!」

私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!」

ローマの休日

るろうに剣心

哀しみのコルドバ/La Esmeralda」

「星逢一夜/La Esmeralda」

「星影の人」-沖田総司・まぼろしの青春-/ファンシー・ガイ!』

ルパン三世 ―王妃の首飾りを追え!―」(宝塚大劇場トップお披露目公演)

伯爵令嬢 -ジュ・テーム、きみを愛さずにはいられない-」(トップお披露目公演)

 

・本公演1回

Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」(初ヒロイン)

 

・全国ツアー公演

「哀しみのコルドバ/La Esmeralda」

ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-

 

・博多座公演

『「星影の人」-沖田総司・まぼろしの青春-/ファンシー・ガイ!』

 

・中日劇場公演

「星逢一夜/Greatest HITS!」

「ローマの休日」

 

・赤坂ACTシアター公演

「ローマの休日」

 

・梅田芸術劇場メインホール公演

「ローマの休日」

 

・日本青年館大ホール公演

「双曲線上のカルテ」

「雪景色」

『「ニジンスキー」-奇跡の舞神-』

 

・宝塚バウホール公演4回

双曲線上のカルテ

「ニジンスキー」-奇跡の舞神-』(単独初主演)

「雪景色」

「殉情」(初主演)

 

・新人公演2回

「維新回天・竜馬伝!」

「NEVER SAY GOODBYE―ある愛の軌跡―」(初主演)

 

関連ページ

トップスターの同期生:龍真咲

所属:87期生雪組宙組


Sponsored Link


Sponsored Link


ページ: 1 2

4 Responses to “早霧せいなの退団理由・退団後・結婚”

  1. 匿名 より:

    ずっと応援しています。

  2. 匿名 より:

    ちぎさん本当にカッコイイです(*/ω\*)
    これからも頑張ってください(♡´▽`♡)ずっと応援してます(❁´ω`❁)

  3. エマ。 より:

    ハンバーグが好きなんですね。私も好きです。せいなさん、これからも頑張ってください。応援します。( ͒ ु•·̫• ू ͒) ♡

  4. 匿名 より:

    ちぎちゃん大好き♥
    これからも頑張って下さい!!

コメントを残す

このページの先頭へ