新菜かほの新人公演卒業後

新菜かほ(にいな かほ、7月28日)は宝塚歌劇団94期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は母親が考えた〔1〕。

愛称は本名から「あやこっぺ」、芸名から「にーにゃん」。

身長は158cm。

出身地は京都府京田辺市。出身校は同志社香里高校。

 

趣味は写真撮影(同期)、食事(同期と)、ピアノ〔1〕。

特技は書道、狂言、編曲、小顔矯正〔1〕。

集めている品はアクセサリー、携帯ストラップ、スキンケアグッズ〔1〕。

好きな花はピンク色のバラ、牡丹、蓮〔1〕。

好きな色はピンク、ターコイズブルー、黒、赤〔1〕。

好きな食べ物は手料理(両親)、寿司、和菓子、ヨーグルト、巨峰、マンゴー〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

好きだった役は「小さな花がひらいた」全国ツアー公演のじっ平、「ベルサイユのばら」中日劇場公演の全て、「エリザベート」の全て(特に新人公演の死刑囚の母)〔1〕。

演じてみたい役はどんな役でも、老若男女幅広く演じたい〔1〕。

 

2006年に宝塚音楽学校に入学。

2008年に宝塚歌劇団に94期生として入団し、月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台を踏み、花組に配属される。

 

関連ページ

トップスターの同期生:珠城りょう

トップ娘役の同期生:仙名彩世

所属:94期生花組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、宝塚おとめ 2008年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ