愛乃一真の新人公演時代

愛乃一真(まの かずま、2月10日)は宝塚歌劇団101期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は世話になっている方に名付けられた〔3〕。

愛称は本名から「さな」、芸名から「かずま」。

身長は172㎝。

出身地は神奈川県川崎市。出身校は三田国際学園高等学校。

 

趣味は神社仏閣巡り〔3〕。

特技は新体操の柔軟技、ペン回し〔3〕。

集めている品はシルバーのアクセサリー、ヒョウ柄グッズ〔3〕。

好きな花は真紅のバラ〔3〕。

好きな色は黒、ゴールド〔3〕。

好きな食べ物は「La Kuni」のビーフカツサンド、牛タン〔3〕。

贔屓のタカラジェンヌは安蘭けい〔2〕。


Sponsored Link

宝塚時代

目標は幅広い役をこなせる男役〔2〕。

目標にしているタカラジェンヌは安蘭けい〔2〕。

好きだった役はジルベルト〔3〕。

演じてみたい役は正義の味方から極悪人迄〔3〕。

 

2013年に宝塚音楽学校に入学。

 

2015年に宝塚歌劇団に101期生として入団し、月組公演「1789 -バスティーユの恋人たち-」で初舞台を踏み、花組に配属される。

 

ラインダンス稽古場披露でのインタビューには、「憧れの初舞台に立てる喜びを、毎日、噛み締めながら稽古に励んでまいりました。第101期生全員の魂を込めたラインダンスをお届けできるよう、そして、お客様に迫力とエネルギッシュなパワーをお届けできるよう、一生懸命頑張りたいと思います。」と答えた〔1〕。

 

2016年に中山寺の「節分祭」に出演。

 

関連ページ

所属:101期生花組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、ラインダンス稽古場披露

2、「宝塚101期生40人が卒業 4月初舞台」 日刊スポーツ

3、宝塚おとめ 2015年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ