悠真倫の専科時代

悠真倫(ゆうま りん、9月14日)は宝塚歌劇団81期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は自分の好きな字の組み合わせで考えた。愛称は「るいこ」、芸名から「まりん」。

身長は168cm。

出身地は大阪府豊中市。出身校は聖母被昇天学院高等学校。

宝塚時代

1993年に宝塚音楽学校に入学。

1995年に宝塚歌劇団の81期生として入団し、星組公演「国境のない地図」で初舞台を踏み、花組に配属される。

2001年に「エンカレッジコンサート」、「エンカレッジコンサート 花組リプライズ」に出演。

2005年にTAKARAZUKA SKY STAGEの第1期スカイ・レポーターズに就任。

2006年にTAKARAZUKA SKY STAGEの第2期スカイ・レポーターズに就任し、「エンカレッジコンサート」に出演。

2008年に「第6回イゾラベッラ・アットホームサロンコンサート」に出演。

2012年に花組副組長に就任。

2014年に専科へ異動。

2017年に轟悠ディナーショー「Yū, Sol y Sombra」に出演。

 

入団前

小学生の時から宝塚コドモアテネに通っていた〔1〕。

高校生の時は伊丹空港の空港内施設でアルバイトをしていた〔2〕。

 

関連ページ

トップスターの同期生:大和悠河真飛聖

トップ娘役の同期生:舞風りらふづき美世

所属:81期生花組専科


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、歌劇 2010年4月号

2、歌劇 2005年11月号

コメントを残す

このページの先頭へ