彩風咲奈の新人公演主演卒業後

彩風咲奈(あやかぜ さきな、2月13日)は宝塚歌劇団93期生の男役タカラジェンヌ。

大洲市きらめき大使。

芸名は家族で考え、タカラジェンヌの彩輝直から「彩」の一文字を貰い、「赤ちゃんの名前辞典」から「咲」の字が入った名前「咲奈」を選び、「咲奈」に合う名字を母親が考え、その中から選んだ〔11・20・21〕。

愛称は「君を愛してる-Je t’aime-」で演じた役から「ピエロ」、芸名から「さきな」、本名から「さき」。

本名は母親が好きな連続テレビ小説の主人公の名前から名付けられた〔21〕。

身長は173cm。血液型はO型。

泣くとすっきりするような単純な性格で、向上心があり苦手な事に真剣に取り組むタイプの肉食系ハッピーな人〔2・9・16・19・25〕。

ひとりで突っ走っていくタイプだったが、周囲の影響でじっくり考えるようになった〔15〕。

 

出身地は愛媛県大洲市。出身校は大洲市立大洲北中学。

古里自慢はご飯が美味しい事、自然や地域の人の温かさ〔19・23〕。

古里の思い出は小中学校の遠足で肱川の河原でバーベキューをした事、冨士山にオリエンテーリングしながら登った事〔22〕。

大洲市立大洲北中学の図書室には自分の本が置かれ、校長室には宝塚音楽学校を卒業した時に送ったはがきが飾られている〔25〕。

 

父親は警察官〔24〕。

母親は宝塚ファン〔21〕。

 

趣味は読書(ファンタジー系)、ショッピング、食事(美味しい物)〔2・8・10・20〕。

特技は茶道〔20〕。

集めている品は可愛い携帯ストラップ、香水、帽子、ベルト、アクセサリー、ボディクリーム、ストール〔20〕。

好きな花はバラ、百合、桜〔20〕。

好きな色はピンク、紫、黒、白、ベージュ、シャンパンゴールド、紺、グレー〔20〕。

 

好きな食べ物は納豆(柔らかい)、苺大福、塩大福、オムライス、マカロン、バウムクーヘン、韓国料理、米、チョコレート、菓子工房「みあおに」のケーキ、肉、ご飯、龍の瞳、牛タン、母親の肉じゃがと味噌汁、博多のもつ鍋と水炊きと鉄なべ餃子、パン(塩バター)〔8・9・10・12・20・21〕。

好きな飲み物はコーヒー(マカダミアナッツフレーバー)〔12〕。

朝食は納豆かけご飯〔8・9〕。

得意料理は肉じゃが、カレー、味噌汁、スープ〔10〕。

納豆のこだわりはかき混ぜてからタレを入れる事〔21〕。

 

ハマっている事はアロマキャンドル〔19〕。

好きな香りはゼラニウム、オリエンタル(早霧せいなプロデュース)〔19〕。

好きな模様はドット柄、バイカラー〔3〕。

好きな本は「ノルウェイの森」、「アナザー・ワールド」〔8・10〕。

 

好きな物は靴(特に「adidas」の「SUPERSTAR」)〔26〕。

靴に対するこだわりは人からは「同じ白スニーカーでしょ」と言われるが、微妙な違いこそが重要なので、新しい物を見つけると買ってしまう〔26〕。

 

得意科目は国語、英語〔16〕。

苦手科目は数学〔16〕。

デトックスは泣く事〔12〕。

タイムスリップするならローマ時代〔14〕。

東京に来たら必ずする事は、美味しい物を食べる事〔19〕。

自分の事を泣き虫だと思う時は、幸せな人を見た時〔12〕。

チャームポイントは八重歯(矯正したくない)〔2・8〕。

宝塚歌劇は一度観ると華やかで夢のような世界に夢中になる舞台〔22〕。

贔屓のタカラジェンヌは彩輝なお〔9〕。

 

一番自慢できる事は「ハッピーな人」と言われる事〔19〕。

思い付いた事をすぐに言うので「ハッピーな人」と言われるが、自分では思わない〔19〕。

 

雨女ではない〔18〕。

単純なので朝起きてカーテンを開けた時に良い天気ならご機嫌になる〔25〕。


Sponsored Link

宝塚時代

天性のスター性があり、黒めがちの瞳で透き通る白い肌の容姿端麗なタカラジェンヌとして活躍〔1・8・11・14・17〕。

新人公演で5回主演を務めた。

チャラ男の役が多い〔3〕。

目標は彩輝 直の華やかな存在感と男役としての色気。フェアリー的で見ても聞いても美しい、オーロラ色を出せる男装の麗人。大洲市出身の誇りを持って輝き続ける事。レッスンに励み実力の向上を続ける事。上級生の芸を身に付け、舞台のどこにいてもキラキラ輝けるタカラジェンヌ。個性をおおらかに伸ばす事〔8・9・11・16・22・23・26〕。

 

大切にしている事は、宝塚歌劇の舞台に立つ夢が叶った喜び〔22〕。

タカラジェンヌとして一番大切にしている事は、「清く、正しく、美しく」の精神〔19〕。

役作りで一番大切にしている事は、最初に受けた印象を大切にする事〔19〕。

好きな事は皆が楽しそうにしているのを見ている事、男役で集まり男子校のような感じで内容のない会話をする事、休日に気が済むまで眠る事〔26〕。

苦手な事はダンス〔16〕。

幸せを感じる時は、休日前夜に雪組子と食事をしている時〔26〕。

男役の魅力はそれぞれの個性が輝いている所〔26〕。

好きだった役は「君を愛してる」のピエロ、「凍てついた明日」のジョーンズ、「カラマーゾフの兄弟」の全て、「ロミオとジュリエット」の死と新人公演のロミオ、「若き日の唄は忘れじ」全国ツアー公演の島崎与之助、「パルムの僧院」のファブリス・デル・ドンゴ、「灼熱の彼方」のオデュセウス、「フットルース」のジーター、「ルパン三世」の次元大介〔20〕。

演じてみたい役は色々な役、「ワンピース」のサンジ〔19・20〕。

 

新人時代から常に「男役らしく」と考えていた〔25〕。

男役10年を迎えて無意識に男らしく立っていられるようになった〔25〕。

普段から宝塚ファンに見られている事を意識し、服装を男役らしくする事を心掛けている〔22〕。

役は自己認識から作っていくタイプ〔8〕。

役作りのために時代劇やK-POPを鑑賞して研究している〔15〕。

体調管理のために良く食べて良く眠り、野菜不足にならないようにサラダから食べて青汁を飲み、公演中は動きが鈍くなるのであまり食べないようにしている〔9・10〕。

ダイエット中はバナナとシリアルで体型を調整する〔10〕。

主演に抜擢される事が多いので、主演の回数を聞かれる事にプレッシャーを感じていたが、「5回主演に失礼」と思い胸を張るようにした〔6・25〕。

 

目標にしているタカラジェンヌは彩輝直〔22〕。

憧れのタカラジェンヌは早霧せいな、個性的な上級生達〔26〕。

好きなタカラジェンヌは雪組の皆〔26〕。

水夏希には男役の基盤を作ってもらった〔10〕。

 

早霧せいなは惜しみなく心でぶつかって来てくれる、運動部のかっこいい部長のような存在〔25〕。

「もっとはみ出してもいいんじゃない」とアドバイスされた〔26〕。

 

雪組子とは自分の狭い部屋に10人ぐらい招いてホームパーティーをした〔26〕。

演出家には「いいんだけど、君には色がない。今は無色透明でいいけど、透明のまま終わりそう」と言われていたので、自分の色を見つけられるようにした〔17〕。

 

2005年に宝塚音楽学校に入学。

 

2007年に宝塚歌劇団に93期生として入団し、星組公演「さくら/シークレット・ハンター〜この世で、俺に盗めぬものはない〜」で初舞台を踏み、雪組に配属され、宝塚音楽学校の「2008年度生徒募集広告」のモデルを務める。

歴代の首席卒業者は素敵なスターばかりなので、自分が首席で卒業した事は信じられなかった〔22〕。

 

2008年度の「阪急阪神電鉄」初詣ポスターモデルを務める。

初詣ポスターの撮影は雨天延期が続き、笑顔を作るのに苦戦し、撮影は午前8時から午後3時までかかった〔18〕。

「君を愛してる-Jet’aime」の役作りでは、ピエロはサーカス団の象徴なので難しい役だったが、観客を楽しませられるように可愛く演じた〔22〕。

 

2010年に『「ソルフェリーノの夜明け」-アンリー・デュナンの生涯-』で新人公演初主演、「ロジェ」で新人公演主演を務め、「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第9期スカイフェアリーズに就任。

「ソルフェリーノの夜明け」の新人公演では初主演に驚き、初めて足が震えた〔17〕。

役作りでは水夏希のアプローチの仕方を参考にした〔17〕。

 

「ロジェ」では水夏希に「私も辞めようと思った時があった」と励まされた〔16〕。

 

2011年に「ロミオとジュリエット」で新人公演主演、『「灼熱の彼方」~「オデュセウス編」と「コモドゥス編」~』で彩凪翔とのダブル主演で宝塚バウホール公演初主演を務め、11月30日に「甲子園署」の一日署長に就任し、「年末特別警戒発隊式」に出演。

「ドン・カルロス」では緒月遠麻に「舞台は主役だけが良ければいいのではなくて、周りの皆が良くてこそ成功と言えるのよ。だから、下級生の面倒をみたり、みんなをまとめる力を身につけてほしい」とアドバイスされたので、視野が広がり個人だけではなく全体を見るようになった〔1・14・15〕。

 

「灼熱の彼方」では不安で公演初日前に泣いてしまった〔2〕。

 

2012年に「JIN-仁-」で新人公演主演を務める。

「JIN-仁-」の新人公演の役作りでは、和物に慣れるように稽古中も和服を着用し、芯の通った彩風咲奈を見せられるようにした〔15〕。

 

2013年に「ベルサイユのばら -フェルゼン編-」で新人公演主演を務める。

「ベルサイユのばら」の新人公演では、壮一帆を見てマントさばきや立ち姿を研究した〔5〕。

 

2014年に「パルムの僧院-美しき愛の囚人-」で宝塚バウホール公演単独初主演を務め、「宝塚歌劇100年展〜夢、かがやきつづけて〜」でトークショーを開催。

「パルムの僧院」では本公演の手本が無いので迷いがあったが、自分らしさを発揮する事ができた〔6〕。

役作りでは小説を2度読み、映画と「情熱のバルセロナ」の映像を見て主演を務めた大地真央を参考にし、勉強するためにイタリア旅行に行った〔2・7・8〕。

野口幸作には「5年前では早すぎる、5年後では遅すぎる。今、演じてほしい役」と期待された〔4〕。

 

2015年に「ルパン三世 ―王妃の首飾りを追え!―」で次元大介役を務める。

誕生日には蒼羽りくにアロマキャンドルをプレゼントされ、それに合わせて購入した間接照明を使って灯したら体調が良くなった(気がする)〔19〕。

 

「ルパン三世」では同期二人が退団したので今年一番泣いた〔12〕。

役作りでは、役が決まってから資料でイメージを調べ、クールなガンマンという印象を受けたが、アニメを見て内面は熱いという事を感じ、アニメの良さを守りながら生身の良さも出した〔3・9〕。

煙草の吸い方はアニメの場面を彷彿させるように複数の持ち方を用意し、吸い方でも感情を表現できるようにした〔3・9〕

髭やカツラはあえてクセ毛にした〔9〕。

稽古場では椅子に座って銃を回す練習をしていた〔3〕。

小柳奈穂子には「ある種のチャラ男でいい」と言われた〔3〕。

 

「ファンシー・ガイ!」で女役を演じた時は、男役の女役に対する表情を近くで見る事が勉強になった〔3・10〕。

エルビスのシーンは肉食系のイメージにした〔10〕。

 

「星逢一夜」の台本を読んだ時は「素朴なのに人の心を動かす作品」と思った〔12〕。

役作りでは子役のオーバーな感情表現が大変だった〔12〕。

 

2016年に「るろうに剣心」で斎藤一役、「ドン・ジュアン」でドン・カルロ役、「私立探偵ケイレブ・ハント」でカズノ・ハマー役を務める。

「るろうに剣心」の役作りでは、「血風録」で敗北した時と同じ人物である事を意識し、CHIHARUが施してくれたポスターのメイクを参考にして狐目にし、眉間にシワが寄る表情と背中の見せ方にこだわり、「牙突」の稽古を重ね、動きが少ないので「何もしない男の格好良さ」を研究し、佇まいだけでも男らしく演じられるようにした〔13・19・25〕。

「牙突」は漫画とアニメで研究し、和月伸宏からは「弓矢を引くイメージで重心を少し引くように」と言われた〔19〕。

煙草を吸う役なので格好良い煙草の吸い方が気になっていた〔19〕。

オススメシーンはおはぎを食べるシーン〔19〕。

新規ファンには「斎藤一をしている方ですか?」とよく聞かれるので「そうです」と答えた〔19〕。

 

「ドン・ジュアン」では、「女性をはべらかすのは望海風斗にぴったりな役」だと思った〔19〕。

 

「私立探偵ケイレブ・ハント」の役とは「単純さ」が似ている〔25〕。

上級生と稽古する事で緻密に歌う事、個性を出す事を意識するようになった〔25〕。

早霧せいなからは男役の仕上げ方を学んだ〔25〕。

望海風斗からは歌への意識の持ち方を学んだ〔25〕。

 

2017年に「星逢一夜/Greatest HITS!」でちょび康役を務め、第54回「宝塚舞踊会」に出演。「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で息子徳三郎役を務め、4月21日から体調不良のため休演し、25日に舞台復帰。「CAPTAIN NEMO」で主演を務める。

「男役10年」は「男役の基礎ができてからの新たなスタート」と感じている〔26〕。

 

入団前

小さい頃はアウトドア派で、鬼ごっこやドッジボールが好きだった〔22〕。

 

小学校6年生の頃に宝塚受験を決意してから往復2時間の距離の「愛媛バレエアカデミー」に通ってクラシックバレエを習い、中学1年生の春から声楽を習っていた。〔11・22〕。

母親が宝塚ファンだった影響で、観劇する前から将来の夢が宝塚の男役だった〔21〕。

小学校6年生の正月にNHKで放送されていた「ベルサイユのばら2001」を初鑑賞し、中学入学前の春休みに「プラハの春/LUCKY STAR!」を初観劇〔9・11・22〕。

 

小学生の時に生徒会役員に就任〔21〕。

中学生の時に生徒会長に就任〔21〕。

将来の夢が宝塚の男役で、テレビで「ベルサイユのばら2001」を見た時に「自分もあの華やかな舞台に立ちたい」と思い、彩輝直のオスカルに憧れてファンになり、「本人に会いたい」と思ったので宝塚受験を決意し、中学卒業時に初めての受験で合格した〔9・11・14・17・21・22〕。

 

2002年に星組公演「プラハの春/LUCKY STAR!」を観劇。宝塚歌劇初観劇となる〔9〕。

 

主演・エトワール

・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演1回

CAPTAIN NEMO

 

・日本青年館ホール公演1回

CAPTAIN NEMO

 

・宝塚バウホール公演2回

パルムの僧院 ―美しき愛の囚人―」(単独初主演)

「灼熱の彼方」~「オデュセウス編」と「コモドゥス編」~』(初主演)

 

・新人公演5回

ベルサイユのばら-フェルゼン編-

JIN-仁-

ロミオとジュリエット

ロジェ

「ソルフェリーノの夜明け」-アンリー・デュナンの生涯-』(初主演)

 

関連ページ

トップ娘役の同期生:舞羽美海

所属:93期生雪組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、「フェアリーインタビュー 雪組 彩風 咲奈」 ウィズたからづか 2012年11月号

2、「プレシャス!宝塚 少年と大人の同居/彩風咲奈」 日刊スポーツ

3、「#677 雪組/彩風咲奈(あやかぜ さきな)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年3月23日 TOKYO MX

4、「宝塚雪組公演初日、彩風咲奈が“等身大”の役に意気込む」 スポーツ報知

5、「宝塚雪組新人公演フェルゼン役は彩風咲奈」 日刊スポーツ

6、「重圧を乗り越え」 毎日新聞

7、『彩風、抜群の存在感 バウ単独初主演「パルムの僧院」』 毎日新聞

8、『彩風咲奈、新人公演卒業…男役確立へ「第2章」始動』 zakzak

9、「宝塚歌劇団プロジェクト 彩風咲奈さんインタビュー<前編>」 ゴーゴーご組

10、「宝塚歌劇団プロジェクト 彩風咲奈さんインタビュー<後編>」 ゴーゴーご組

11、『GO!GO!宝塚 首席入団ホープ夢は男装の麗人/彩風咲奈』 日刊スポーツ

12、「#705 雪組/彩風咲奈(あやかぜ さきな)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年10月2日 TOKYO MX

13、『るろうに剣心』 制作発表会

14、「宝塚LOVE 一本芯の通った彩風咲奈を見て!…雪組「JIN―仁―」新人公演で主演」 スポーツ報知

15、「プレシャス!宝塚 強く!!たくましく!!/彩風咲奈」 日刊スポーツ

16、「プレシャス!宝塚 オーロラ色で飛躍する/彩風咲奈」 日刊スポーツ

17、「プレシャス!宝塚 見つけなきゃ自分色/彩風咲奈」 日刊スポーツ

18、「プレシャス!宝塚 首席 初詣でポスター/彩風咲奈」 日刊スポーツ

19、「#734 雪組/彩風咲奈(あやかぜ さきな)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2016年4月30日 TOKYO MX

20、宝塚おとめ 2007年度版~

21、RISING STAR GUIDE 2013

22、「“西伊予物語 VOL.22  西伊予出身!今 旬の人 宝塚歌劇団雪組 彩風咲奈さん」 八幡浜大洲地区広域市町村圏組合

23、「大洲PR大使 彩風咲奈さん・松本零士さん」 愛媛新聞

24、「榎田投手やタカラジェンヌが一日署長 年末特別警戒発隊式」 産経ニュース

25、「プレシャス!宝塚 男役10年 動かなくても格好よく/彩風咲奈」 日刊スポーツ

26、「第3回 宝塚スターの幸福時間 雪組・彩風咲奈さん「時間を気にせず、食べて、おしゃべりする。休み前日の至福の時です」」 Marisol 2017年3月号

コメントを残す

このページの先頭へ