彩音星凪の新人公演時代

彩音星凪(あやおと せな、6月21日)は宝塚歌劇団101期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は恩師と家族で考えた〔1〕。

愛称は本名から「かのん」。

身長は173㎝。

出身地は北海道雨竜群。出身校は沼田中学校。

 

趣味は甥と遊ぶ事〔1〕。

集めている品はアクセサリー、Tシャツ〔1〕。

好きな花はバラ、桜〔1〕。

好きな色は黒、白、ゴールド、青〔1〕。

好きな食べ物は焼肉〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は色々な役〔1〕。

 

2013年に宝塚音楽学校に入学。

2015年に宝塚歌劇団に101期生として入団し、月組公演「1789 -バスティーユの恋人たち-」で初舞台を踏み、ロケットのピックアップメンバーを務め、月組に配属される。

2016年に「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-」の新人公演で佐脇良之役を務める。

2017年に「中山寺」の「節分祭」に出演。

 

関連ページ

所属:101期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、宝塚おとめ 2015年度版~

3 Responses to “彩音星凪の新人公演時代”

  1. 千鶴 より:

    頑張ってください。
    北海道出身ですか?
    道産子魂でカンバレ、がんばれ。

  2. よいやさー! より:

    初舞台おつかれさまでした。
    これからがスタートですね。がんばれ!!

  3. 匿名 より:

    1789のロケットでのダンスと笑顔と美しさは一人抜けてる感じでした。

コメントを残す

このページの先頭へ