彩月つくしの退団理由・退団後・結婚

彩月つくし(さいづき つくし、8月6日)は宝塚歌劇団97期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は母親の芸名から名付けられた〔3〕。

愛称は本名から「あや」、芸名から「つくし」。

身長は162㎝。

出身地は福岡県福岡市。出身校は市立平尾中学。

母親は宝塚歌劇団69期生の筑紫野あや。

 

趣味は映画・舞台・音楽鑑賞、旅行、歌(洋楽)、海外旅行、語学勉強、動画作り〔3〕。

集めている品はアクセサリー(髪飾り、ピアス、ネックレス)、リラクゼーショングッズ、入浴剤〔3〕。

好きな花はバラ(ピンク)、桜、ヒマワリ〔3〕。

好きな色はピンク、黄、パステルカラー、白、水色〔3〕。

好きな食べ物は果物(苺、マンゴー)、スイートポテト、アイスクリーム、もつ鍋〔3〕。

 

好きな事は歌、バレエ〔2〕。

タカラジェンヌになっていなかったら、外国が好きなので海外留学か世界旅行をしていた〔2〕。


Sponsored Link

宝塚時代

目標は観客に夢を与え、楽しませる事ができる舞台人〔1・2〕。

モットーは「清く、正しく、美しく」〔2〕。

好きな事は歌、踊り、演技〔2〕。

見てもらいたい所は、弾けて楽しんでいる姿〔2〕。

楽しかった事は、「アル・カポネ —スカーフェイスに秘められた真実—」で毎回アドリブを言わせてもらえた事〔2〕。

好きだった役は「ベルサイユのばら」のアンドレ(幼少時代)、小公女、「アル・カポネ」の役全て〔3〕。

演じてみたい役は「うたかたの恋」のマリー、「RENT」のミミ、「Cabaret」のサリー、「CHICAGO」のロキシー・ハート〔3〕。

 

2009年に宝塚音楽学校に入学。

2011年に宝塚歌劇団に97期生として入団し、星組公演「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」で初舞台を踏む。

2012年に雪組に配属される。

 

2016年に「るろうに剣心」で有沙瞳の代役で初エトワールを務め、「ローマの休日」梅田芸術劇場メインホール公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

「るろうに剣心」の新人公演では、本番前は不安だったが、役でスイッチを切り替える事を楽しめた〔2〕。

 

入団前

小さい頃からタカラジェンヌの母親が出演する作品を観劇し、歌とバレエが好きだったので、中学生の時に「入りたい」と思い宝塚受験を決意した〔2〕。

宝塚受験の合格者インタビューには、「受からないと思っていたので目を疑った。観客に夢を与えられる舞台人になりたい」と答えた〔1〕。

 

主演・エトワール

・エトワール1回

るろうに剣心」(代役、初エトワール)

 

関連ページ

所属:97期生雪組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、「タカラジェンヌのタマゴ 難関突破で歓喜の嵐」 スポニチアネックス

2、「#737 フレッシュ!カフェブレ 雪組・97期編」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2016年5月20日 TOKYO MX

3、宝塚おとめ 2011年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ