彩園ひなの新人公演時代

彩園ひな(あやぞの ひな、3月3日)は宝塚歌劇団101期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は父親が考えた〔1〕。

愛称は本名から「かとぴ」。

身長は165㎝。

出身地は宮崎県串間市。出身校は宮崎県立福島高等学校。

 

趣味は映画鑑賞〔1〕。

特技は菓子作り〔1〕。

集めている品は五百円玉〔1〕。

好きな花は桜〔1〕。

好きな色は赤、紫〔1〕。

好きな食べ物はりんご〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は何でも〔1〕。

 

2013年に宝塚音楽学校に入学。

2015年に宝塚歌劇団に101期生として入団し、月組公演「1789 -バスティーユの恋人たち-」で初舞台を踏み、星組に配属され、NHK系ドラマ「経世済民の男」の「第二部 小林一三〜夢とそろばん〜」に出演。

 

関連ページ

所属:101期生星組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、宝塚おとめ 2015年度版~

One Response to “彩園ひなの新人公演時代”

  1. まりぼう より:

    ファン1号です。だいすき!

コメントを残す

このページの先頭へ