実咲凜音の退団理由・退団後・結婚

実咲凜音(みさき りおん、7月5日)は宝塚歌劇団95期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔3・28〕。

愛称は本名から「くみ」、芸名から「りおん、みりおん」。

北川景子からは「みりおん様」。

身長は163cm。血液型はA型。

天然でマイペースで頑固で負けず嫌いな性格で、課題を着実にやり通すタイプの勘が良い不思議ちゃん〔4・5・6・8・16・23・38〕。

あっけらかんと見られるが気遣いができ、自分をしっかり持っている〔4〕。

不器用で必死にやり過ぎるタイプなので、空回りする事もある〔41〕。

出身地は兵庫県神戸市。出身校は県立須磨友が丘高校(1年修了)。

所属事務所はホリプロ。

兄は6歳上〔51〕。

弟は2歳下〔51〕。

 

趣味は舞台・映画・DVD鑑賞〔3・28〕。

集めている品は化粧品、アクセサリー(髪飾り)、アロマグッズ(香水)、せっけん、キラキラしている物、入浴剤〔3・28〕。

好きな花はコスモス、バラ、プルメリア、ヒマワリ〔3・28〕。

好きな色はパステルカラー、ピンク、水色、白、ゴールド、黄、オレンジ色〔3・28〕。

 

好きな食べ物は梅干、梅味の食べ物、果物(楽屋でがぶがぶ→ぱくぱく食べる高いイチゴ)、グミ、たこ焼、ケーキ、肉、「パステル」のプリン〔2・3・28〕。

料理のレパートリーはケチャップおにぎり。

 

好きな場所は高い所〔20〕。

好きなテレビ番組はお笑い番組〔41〕。

ヒーローはタキシード仮面〔11〕。

旅行に行きたい国はエジプト〔2〕。

 

昔から夢を持ち続けている〔34〕。

あまり水分を取らない〔38〕。


Sponsored Link

宝塚時代

歌・ダンス・芝居の三拍子揃った、実力派美人タカラジェンヌとして活躍〔9・10・14〕。

宝塚歌劇の代表3作「ベルサイユのばら」「エリザベート」「風と共に去りぬ」全てに出演した。

目標は自分ならではの娘役〔23〕。

下級生の時の目標は、娘役だけの場面に入る事〔50〕。

好きだった役は今迄に演じた全ての役、「ファントム」新人公演のクリスティーヌ、「カナリア」のアジャーニ、「ベルサイユのばら」全国ツアー公演のマリー・アントワネット、「近松・恋の道行」の柏屋さが、「うたかたの恋」全国ツアー公演のマリー・ヴェッツェラ、「TOP HAT」のデイル・トレモント、「王家に捧ぐ歌」のアイーダ、「エリザベート-愛と死の輪舞」のエリザベート〔3・28〕。

演じてみたい役は色々な役、どんな役でも、エリザベート、マリー・アントワネット〔3・5・28・50〕。

好きな演目は「ベルサイユのばら」の革命に向かうシーン、「王家に捧ぐ歌」、「HOT EYES!!」のプロローグのタンゴ〔1・2・8・19〕。

 

芸達者なので演出家に難役を振られる〔9〕。

若手の頃は芝居が恥ずかしく苦手意識があった〔23〕。

凝った髪形は1時間近くかかるので、褒められた時は「私もできるようになったんだな」と思った〔41〕。

 

鳳真由は真っすぐで純粋で熱い〔23〕。

妃海風とは宝塚音楽学校時代から仲が良かった〔21〕。

同期と居る時はツッコまれている〔41〕。

宝塚は愛に溢れる場所〔41〕。

宝塚では「人を思う心が何より大切」と教わった〔41〕。

 

2007年に宝塚音楽学校に入学。

上級生の髪形を真似て稽古したので、髪を自分で編み込めるようになった〔41〕。

 

2009年に宝塚歌劇団に95期生として入団し、宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは・・・」で初舞台を踏み、花組に配属される。

 

2010年度の「阪急阪神電鉄」初詣ポスターモデル、「麗しのサブリナ」で新人公演初ヒロイン、「CODE HERO/コード・ヒーロー」で宝塚バウホール公演初ヒロインを務める。

「CODE HERO/コード・ヒーロー」では、朝夏まなとに「楽しんでやろうね」と言われた〔9〕。

 

2011年に映画「阪急電車 片道15分の奇跡」に出演し、「ファントム」で新人公演ヒロイン、「カナリア」でヒロインを務める。

「ファントム」の新人公演では「天使の歌声」と評価された。

 

「カナリア」では、芝居を叩きこまれて恥ずかしさが無くなり、芝居が好きになった〔23〕。

役作りでは、軍服でも女性らしさを出せるようにし、芯の強さを表現した〔17〕。

壮一帆には「ポジティブにいこう」「前向いていこう」と言われ、「最近にはない体当たりな娘役」と舞台度胸を評価された〔17・23〕。

 

2012年に「復活 -恋が終わり、愛が残った-」で新人公演ヒロイン、「近松・恋の道行」で宝塚バウホール公演ヒロインを務める。

「復活」の新人公演の役作りでは、口が悪い役でも純粋さを表現できるように意識した〔23〕。

蘭乃はなからは心情の表現を学んだ〔23〕。

 

宙組トップ時代

朝夏まなととのトップコンビは「まあみり」と呼ばれた〔36〕。

日常会話は「掛け合い漫才」と言われている〔41〕。

 

朝夏まなとは嘘が無く真っ直ぐで懐が大きく、的確に心に刺さる言葉をくれる〔41〕。

素敵な所はキスシーンの前の目の優しさと心の大きさで、目の奥を見ていると安心する〔15・18・22〕。

初めて出会った時は緊張して萎縮していた〔4〕。

 

凰稀かなめは熱く繊細〔7〕。

 

2012年に宙組へ組替えしトップ娘役に就任。「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」が宝塚大劇場新トップお披露目公演となる。

トップ就任時には凰稀かなめに「一緒に並んで歩いてほしい」と言われた〔33・36〕。

 

「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」では、凰稀かなめに着替えを観察されていた〔7・17〕。

 

2013年に「風と共に去りぬ」でエトワールを務める。

試験で「エリザベート」の楽曲を歌った時は、「もう一生歌う事はない」と思っていた〔34・38・50〕。

 

2014年に「ベルサイユのばら―オスカル編―」と「白夜の誓い ―グスタフIII世、誇り高き王の戦い―/PHOENIX 宝塚!! ―蘇る愛―」でエトワールを務め、ヒロインとエトワールを務めた「ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―」が宙組新トップコンビ先行お披露目公演となる。

「ベルサイユのばら」では、100周年に上演する「ベルばら」なのでプレッシャーを感じていたが、可愛らしさと心の強さを大切にし、好きな革命に向かうシーンに一番力を入れた〔1・8〕。

「白夜の誓い」では、東京公演から芝居を変化させ観客の共感を得られるようにした〔2〕。

 

2015年に「TOP HAT」が新トップコンビお披露目公演、「『王家に捧ぐ歌』 -オペラ「アイーダ」より-」が宝塚大劇場新トップコンビお披露目公演となる。「まぁさまといっしょ」で司会のおねえさんを務める。

朝夏まなととは花組時代にコンビを組んでいたので、宙組でトップコンビになった奇跡を大切にするようにした〔33・36〕。

 

「TOP HAT」では、ミュージカルをイギリスで観劇し、表情や動作を学んだ〔2〕。

朝夏まなとと休日に仕事をした翌日には、疲れが残らないようにヨーグルトと栄養ドリンクを用意した〔4〕。

 

「王家に捧ぐ歌」はDVDで見て、旅行に行きたいエジプトが舞台で曲が良いので憧れていた〔2〕。

役作りでは、ラダメスへの思いに焦点を当てながら1人の女性として演じる事の案配が難しかったが、稽古中もエクステンションを付けて野性的なイメージを追求し、ラダメスとの愛を強く出し信念を大切に演じ、娘役としてアイーダの強い部分と女性の脆さ、繊細さを表現した。〔13・14・15〕。

 

「まぁさまといっしょ」では新キャラを披露したが、2回目でテンションが下がった〔12〕。

 

2016年に「いないいないまぁ~!」で司会のおねえさんを務め、11月1日に東京宝塚劇場の「新緞帳贈呈式」に出演。

「Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜」では、宝塚バウホールでの制作発表会だったので、緊張したが新鮮だった〔18〕。

役作りでは、チャーミングな女性として役を深め、心を大切に演じるようにした〔19・24・39〕。

 

「HOT EYES!!」の好きな場面はプロローグのタンゴ〔19〕。

 

「エリザベート-愛と死の輪舞-」では、枠をはみ出す所を見せられるように、限界を決めず役に閉じ込もる事なく頑張った〔46・50〕。

エリザベート役は大きくなるための神様からのプレゼント〔31・32・34・38・50〕。

役作りでは、映像で歴代エリザベートの演技を研究し、観客が最後の場面で感情移入できるように、最初の少女期を大切に、魂を全て注ぎ込んで演じるようにした〔25・26・31・32・50〕。

宝塚の娘役として強い女性でもいいのか違和感があり悩んでいたが、頑固なので自分を貫く強さを一番大切にした〔31・32・34・36・38・50〕。

稽古の為にオーストリアのウィーンを訪問した際は、「シシィ博物館」で病んだ心まで感じ取ってしまったので、ぐったり疲れた〔38・50〕。

心配な事はまた体重が減る事〔50〕。

朝夏まなとからは「今の自分に負けない事。自分に打ち勝て」とアドバイスされた〔38〕。

組子からはコーラスでパワーをもらった〔48〕。

 

「いないいないまぁ~!」では、5回目でテンションが下がった〔27〕。

 

「新緞帳」には見る人を引き込んでくれる印象を受けた〔44〕。

 

2017年1月1日に「新春鏡開き」に出演し、ミュージック・サロン「Million Carat!」を開催。「王妃の館 -Château de la Reine-/VIVA! FESTA!」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

「王妃の館/VIVA! FESTA!」では、朝夏まなとを思う心と感謝の気持ちを大切に舞台で輝き、最後に集大成の公演で本当の自分を出す事に挑戦した〔41・43〕。

制作発表会見では「最後まで新しい一面を見せられるように努力する」と話した〔40・42〕。

稽古場では「卒業の日が近付いている」と感じ、「最後か」と思い寂しくなった〔41・43〕。

舞台では「これからどうする?」との問いに「しばらくゆっくり考えたい」と答える演出がなされた〔45〕。

役作りでは、お茶目で可愛いヒロインを楽しみながら演じた〔41〕。

理想は必死に取り組む姿が面白く見える事〔41〕。

課題はもっと良くなる事〔41〕。

朝夏まなとからは「これまでは私がやりやすいようにしてくれていたから、集大成を見せて、最後は自分のために花を咲かせてほしい」と言われた〔41・42・45・47〕。

 

退団理由

宝塚人生は死ぬ時に走馬燈のように蘇るくらい濃密な日々で、幸せと感謝しかない〔41〕。

 

・退団記者会見

白のワンピースに白のヒール姿で登場。

退団時の衣装は白色と決めていた〔33・35〕。

退団はトップに就任した時から常に意識し、2015年の「王家に捧ぐ歌」の初日に宙組のパワーと情熱から卒業を肌で感じる事ができ、充実した幸せな日々を過ごせているので退団を決意した〔29・30・33・35・36・39・49〕。

 

朝夏まなとには「Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜/HOT EYES!!」の稽古中に退団の相談をして「最後まで一緒に良い舞台を創ろう」と言われた〔29・30・33・49〕。

凰稀かなめには「一緒に並んで欲しい」と言われた事が印象的だった〔49〕。

印象に残っている役は「TOP HAT」のデイル・トレモント、「エリザベート-愛と死の輪舞」のエリザベート〔29・30・33・36〕。

宝塚時代は仲間とファンに支えられてここまで来れたので感謝している〔30・33・35・36〕。

 

退団後の予定は宝塚の事しか考えられないので未定だが、宝塚で培ったものを大切にしたいと思っている〔29・33・35・36・39・49〕。

結婚の予定は無い〔33〕。

 

退団後

女優として活動。

 

2017年に「屋根の上のヴァイオリン弾き」が退団後初舞台となり、「ホリプロ」に所属。「宙組「神々の土地」& 特集!ハワイスペシャル」が退団後初テレビ出演、9月25日の「名奉行!遠山の金四郎」が退団後初テレビドラマ出演となる。

 

入団前

3歳からクラシックバレエ、幼少期から習字、スイミングを習い、宝塚受験を決意してから「スタジオ・トップハット」の宝塚音楽学校受験クラスに通っていた〔23・51〕。

小学生の時に母親に勧められて受けたオーディションに合格し、地元の劇団に入団して2年後に退団〔51〕。

中学3年生で進路を考えていた時に宝塚歌劇の事を知り、花組公演「マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー」を初観劇〔51〕。

高校時代は球場で売り子のアルバイトをしていた〔51〕。

宝塚歌劇の華やかなショーに憧れていたので、高校時代に宝塚受験を決意し、2度目の受験で合格した〔23・42・51〕。

 

2005年に花組公演「マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー」を観劇。宝塚歌劇初観劇となる〔51〕。

 

主演・エトワール

・宙組トップ時代17回(宝塚大劇場公演8回、ミュージック・サロン1回)

「Million Carat!」

王妃の館 -Château de la Reine-/VIVA! FESTA!」(退団公演)

双頭の鷲

エリザベート-愛と死の輪舞-

『王家に捧ぐ歌』 -オペラ「アイーダ」より-

Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜/HOT EYES!!」

メランコリック・ジゴロ」-あぶない相続人-/シトラスの風III」

『王家に捧ぐ歌』 -オペラ「アイーダ」より-」(宝塚大劇場新トップコンビお披露目公演)

TOP HAT」(新トップコンビお披露目公演)

白夜の誓い ―グスタフIII世、誇り高き王の戦い―/PHOENIX 宝塚!! ―蘇る愛―」

ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―

ベルサイユのばら―オスカル編―

ロバート・キャパ 魂の記録/シトラスの風II」

うたかたの恋/Amour de 99!!-99年の愛-」

モンテ・クリスト伯/Amour de 99!!-99年の愛-」

銀河英雄伝説@TAKARAZUKA

銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」(宝塚大劇場新トップお披露目公演)

 

・全国ツアー公演3回

メランコリック・ジゴロ」-あぶない相続人-/シトラスの風III」

ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―

うたかたの恋/Amour de 99!!-99年の愛-」

 

・中日劇場公演1回

ロバート・キャパ 魂の記録/シトラスの風II」

 

・博多座公演2回

『王家に捧ぐ歌』 -オペラ「アイーダ」より-

銀河英雄伝説@TAKARAZUKA

 

・赤坂ACTシアター公演1回

TOP HAT

 

・梅田芸術劇場メインホール公演1回

TOP HAT

 

・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演1回

カナリア

 

・日本青年館大ホール公演3回

近松・恋の道行

カナリア

CODE HERO/コード・ヒーロー

 

・KAAT神奈川芸術劇場公演1回

双頭の鷲

 

・宝塚バウホール公演3回

双頭の鷲

近松・恋の道行

CODE HERO/コード・ヒーロー」(初ヒロイン)

 

・新人公演3回

復活 -恋が終わり、愛が残った-

ファントム

麗しのサブリナ」(初ヒロイン)

 

・ミュージック・サロン1回

「Million Carat!」

 

・エトワール4回

白夜の誓い ―グスタフIII世、誇り高き王の戦い―/PHOENIX 宝塚!! ―蘇る愛―」

ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―

ベルサイユのばら―オスカル編―

風と共に去りぬ

 

関連ページ

トップ娘役の同期生:妃海風愛希れいか

所属:95期生花組宙組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、「ベルサイユのばら―オスカル編― 制作発表会」 2014年3月12日

2、「#673 宙組/実咲凜音(みさき りおん)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年2月23日 TOKYO MX

3、「スターファイル」 宝塚歌劇

4、「みりおんカフェ」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年3月2日 TOKYO MX

5、『【サタデープラス】実咲凛音「ロザリー必死に生きる」』 スポーツ報知

6、「宝塚宙組新トップ凰稀&実咲お披露目会見」 日刊スポーツ

7、「凰稀かなめ 凛音の着がえを観察!?」 デイリースポーツ

8、「ロザリーのように強く 実咲凜音」 毎日新聞

9、『【実咲凛音】ついにマリー・アントワネット役「本当にうれしいです」』 zakzak

10、「トップ娘役・実咲凛音が演じる歴代最高のメラニー」 zakzak

11、「CODE HERO/コード・ヒーロー」 トークショー

12、「#684 星組/天寿光希(てんじゅ みつき)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年5月8日 TOKYO MX

13、「黄金に輝く新生宙組、エンジン全開!」 TOKK

14、「『王家に捧ぐ歌』-オペラ「アイーダ」より-」 制作発表会

15、「王家に捧ぐ歌」 初日会見

16、『プレシャス!宝塚 ウルフになる/凰稀かなめ』 日刊スポーツ

17、『プレシャス!宝塚 「銀河英雄伝説」で発進/凰稀かなめ』 日刊スポーツ

18、「#714 特別編 みりおんカフェへようこそ」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年12月4日 TOKYO MX

19、「Shakespeare」 制作発表会

20、「新春を飾る宝塚歌劇宙組ショーは33年ぶりの“オール大階段”」 スポーツ報知

21、「北翔海莉&妃海風、新トップ本拠地お披露目「自由に楽しく、開放的に」」 スポーツ報知

22、「朝夏まなと、新トップ「神聖な気持ち」」 デイリースポーツ

23、「プレシャス!宝塚 体当たりで輝き/実咲凜音」 日刊スポーツ

24、「宝塚宙組・朝夏まなと、18歳から24歳までのシェイクスピア演じる」 スポーツ報知

25、「朝夏まなと「エリザベート」に責任感」 デイリースポーツ

26、「宝塚宙組・朝夏まなと 会見で決意表明」 デイリースポーツ

27、「#738 いないいないまぁ~!」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2016年5月27日 TOKYO MX

28、宝塚おとめ 2009年度版~

29、宙組トップ娘役・実咲 凜音 退団記者会見

30、「実咲凜音・花乃まりあ 退団会見」 朝日新聞

31、「(月刊タカラヅカ)エリザベート 愛され続けて20年」 朝日新聞

32、「魅・宝塚、たゆまぬ挑戦:宙組が8回目の再演中「エリザベート」 愛と死、うたい上げ 」 毎日新聞

33、「退団は“白色”と決めていました」宙組トップ娘役、実咲凛音、真っ白なワンピースで会見」 産経ニュース

34、「【歌劇な人々】憧れの役をものにし続ける“引きの強さ” 実咲凛音、8人目の「エリザベート」に」 産経ニュース

35、「宝塚宙組トップ娘役、実咲凜音が退団会見「最後の日まで頑張りたい」」 スポニチアネックス

36、「実咲凜音が涙の退団「10年…あっという間でした」」 日刊スポーツ

37、「宝塚宙組「エリザベート」20年で節目900回公演」 日刊スポーツ

38、「実咲凜音、憧れのエリザベート役で自分と闘う!」 スポーツ報知

39、「実咲凜音が宝塚退団会見「あっという間でした」」 デイリースポーツ

40、「魅・宝塚、たゆまぬ挑戦 「王妃の館」「VIVA!FESTA!」制作発表 朝夏まなと「宙組一丸で」」 毎日新聞

41、「【華麗なる宝塚】実咲凛音、自身の中に感じる“お笑いのDNA” 掛け合い漫才のような朝夏との日常会話、退団公演で集大成」 産経ニュース

42、「ド派手なピンクの衣装で…宝塚宙組、朝夏まなと「王妃の館」」 産経ニュース

43、「宝塚宙組トップ娘役、実咲凜音のサヨナラ公演が開幕」 日刊スポーツ

44、「東京宝塚劇場に新緞帳 朝夏まなと「ワクワク感」」 日刊スポーツ

45、「実咲凜音、地元でのラスト公演始まる…宝塚退団後とリンクのセリフも」 スポーツ報知

46、「トート役の朝夏まなと「愛を知る帝王を目指した」…宝塚宙組「エリザベート―」開幕」 スポーツ報知

47、「宙組トップ・朝夏まなと 奇人の小説家役に「タカラヅカ的にどこまで…」」 デイリースポーツ

48、「宝塚「エリザベート」通算1000回公演へ」 デイリースポーツ

49、「実咲凜音 涙の退団会見「あっという間でした」」 デイリースポーツ

50、「プレシャス!宝塚 エリザベート役は「神様のプレゼント」/実咲凜音」 日刊スポーツ

51、「波瀾爆笑!?我が人生」 宝塚GRAPH 2014年6月号

コメントを残す

このページの先頭へ