宇月颯の新人公演主演卒業後

宇月颯(うづき はやて、4月17日)は宝塚歌劇団90期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は知人が考え、大好きな恩師の文月玲から「月」の一字をもらった〔3〕。

愛称は本名から「とし、とっちゃん」。

身長は168cm。血液型はB型。

優しい性格〔4〕。

出身地は埼玉県熊谷市。出身校は深谷第一高校。

 

ペットは猫のポテ〔4〕。

嫌いな事は写真を撮られる事〔4〕。

東京公演にも同行させて楽屋で会話をしている〔4〕。

ファンクラブ会員募集中〔4〕。

 

趣味は舞台鑑賞〔3〕。

特技は少林寺拳法〔3〕。

集めている品はアクセサリー、「CHIP’N’DALE」の物〔3〕。

好きな花は桜〔3〕。

好きな色は青、黒、赤〔3〕。

好きな食べ物は西瓜、チョコレート〔3〕。

好きな飲み物は酢のドリンク(黒酢、蜂蜜、石榴)〔2〕。

 

マイブームは楽屋でポテと話す事〔4〕。


Sponsored Link

宝塚時代

特にダンス力が高い三拍子揃った実力派のタカラジェンヌとして活躍〔1・4〕。

演じてみたい役は「エリザベート」の黒天使、「ノバ・ボサ・ノバ」のソール〔3〕。

 

2002年に宝塚音楽学校に入学。

2004年に宝塚歌劇団に90期生として入団し、雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台を踏み、月組に配属される。

2007年に「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第6期スカイ・フェアリーズに就任。

2009年に「エリザベート」の新人公演でルキーニ役を務める。

2010年に「ジプシー男爵 -Der Zigeuner Baron-」で新人公演初主演を務める。

2011年に「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第1期スカイ・ナビゲーターズに就任。

2012年に「春の雪」で飯沼茂之役を務める。

2014年に「New Wave! -月-」で宝塚バウホール公演メインキャストを務める。

 

2015年に「Bandito -義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-」でヴィトー・ルーミア役を務め、愛希れいかミュージック・パフォーマンス「Wonder of Love」に出演。

「舞音-MANON-」の役作りでは、思いを秘めている役を掴むのに時間がかかり、愛国心の表現に苦労したが、稽古しているうちに素直に取り組めるようになった〔2〕。

「GOLDEN JAZZ」の振り付け講座では、「映画の迷惑行為のような芝居」を研究した〔2〕。

 

2016年に「『激情』-ホセとカルメン-/Apasionado!!III」で初エトワール、「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-」で浅井長政役を務める。

 

2017年に「グランドホテル」で運転手役を務め、フジテレビ系「2017FNS うたの春まつり」に出演し、初ミュージック・パフォーマンスを開催。

「グランドホテル」の役作りでは役名が無く謎を含んでいるので、「想像をかきたてられるような存在でいたい」という思いで演じた〔4〕。

舞台では登場時に音楽が変わったので、空気を変えるのに助けられた〔4〕。

演出家には「登場で一気に空気を変えてほしい」と言われた〔4〕。

 

「All for One ~ダルタニアンと太陽王~」では、珠城りょうを支えつつ新生月組の新しい舞台を見せられるようにした〔4〕。

 

入団前

2歳から水泳、学生時代は塾、習字、ピアノ、友人の父親から少林寺拳法を習い、「文月玲バレエスタジオ」に通っていた〔1〕。

同じバレエスタジオに通っていた音月桂の初舞台公演「エクスカリバー/シトラスの風」を観劇し、宝塚受験を決意した。

宝塚受験の面接では、レオタード姿で少林寺拳法を披露した。

 

1998年に宙組公演「エクスカリバー/シトラスの風」を観劇。

1999年に宙組公演「『激情』—ホセとカルメン—激情」を観劇〔2〕。

 

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演(メインキャスト)1回

New Wave! -月-

 

・新人公演1回

ジプシー男爵 -Der Zigeuner Baron-」(初主演)

 

・エトワール1回

『激情』-ホセとカルメン-/Apasionado!!III」(初エトワール)

 

関連ページ

トップ娘役の同期生:愛原実花蒼乃夕妃

所属:90期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、「フェアリーインタビュー 月組 宇月 颯」 ウィズたからづか 2012年3月号

2、「#722 月組/宇月颯(うづき はやて)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2016年2月5日 TOKYO MX

3、宝塚おとめ 2004年度版~

4、「ボンジュール宝塚 其の七」 レタスクラブ 2017年6月号

コメントを残す

このページの先頭へ