妃純凛の新人公演時代

妃純凛(ひすみ りん、2月22日)は宝塚歌劇団100期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は恩師から一字貰い、自分で考えた〔3〕。

愛称は本名から「レナ」、芸名から「りん、みりん」。

身長は163.5cm。

出身地は兵庫県宝塚市。出身校は夙川学院高校(卒業)。

長女。

父親は元プロ野球選手(投手)、野球解説者、スポーツキャスター、日本女子プロ野球機構スーパーバイザーの太田幸司。

 

趣味は写真撮影(風景)、菓子作り、綿棒ケース作り〔3〕。

特技は短距離走〔3〕。

集めている品はアクセサリー(髪飾り、イヤリング、ピアス)、「こびとづかん」グッズ〔3〕。

好きな色は紫、ワインレッド、黒、ピンク(ホットピンク)〔3〕。

好きな食べ物はラスク、プリン(「たからづか牛乳」のプリン)、「スターバックスコーヒー」の物、オムライス〔3〕。

好きな飲み物は抹茶、紅茶〔3〕。


Sponsored Link

宝塚時代

目標は渋い脇役〔2・4・5〕。

演じてみたい役は個性溢れる役、凛々しい女性の役〔3〕。

 

2012年に宝塚音楽学校に入学。

入学式では太田幸司が「4度目の受験でやっと合格。9回裏、逆転満塁ホームランみたい。100期という事で注目されるが、悔しさや辛さを忘れず、基礎をしっかり磨いて頑張って欲しい」と話した〔1・2・6・7〕。

 

2014年に宝塚歌劇団に100期生として入団し、月組公演「宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台を踏む。

文化祭では太田幸司が「ドキドキしたけど、思ったよりさまになっていた。まず第一段階を落後せずに突破できて良かった」と話した〔8〕。

卒業式では太田幸司に「しんどいとか言わずに、喜びを感じて励んでほしい」と励まされた〔5〕。

 

2015年に月組に配属される。

2016年に中山寺の「無縁経大会式」に出演。8月24日から「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-/Forever LOVE!!」を体調不良のため休演し、9月1日に舞台復帰。

 

入団前

中学3年生の時から宝塚受験し、4度目の受験で合格した〔6・9〕。

 

関連ページ

所属:100期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link

ページ: 1 2

コメントを残す

このページの先頭へ