奏碧タケルの新人公演時代

奏碧タケル(そうあ たける、12月16日)は宝塚歌劇団102期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は周囲の知恵を借りて、家族で考えた〔1〕。

愛称は本名から「さっこ」。

身長は172cm。

出身地は山口県柳井市。出身校は県立岩国高校。

 

趣味は美味しいお店巡り、舞台・絵画鑑賞〔1〕。

特技は編み込み、手芸〔1〕。

集めている品は「アロマリッチ」の柔軟剤〔1〕。

好きな花はガーベラ、ブルーデイジー〔1〕。

好きな色は薄い水色、深緑〔1〕。

好きな食べ物は母親の手料理、肉料理〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は「ノバ・ボサ・ノバ」の役〔1〕。

 

2014年に宝塚音楽学校に入学。

2016年に宝塚歌劇団に102期生として入団し、星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で初舞台を踏み、星組に配属される。

 

関連ページ

所属:102期生星組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、宝塚おとめ 2016年度版~

2 Responses to “奏碧タケルの新人公演時代”

  1. より:

    タケルくんは下級生時代の紅ゆずるさんに素の顔立ちが似てるなと思い気になりました
    これからも頑張ってください

  2. オレンジレオン より:

    山口県からのジェンヌさん
    嬉しいです
    頑張って下さいね!
    応援しています

コメントを残す

このページの先頭へ