天彩峰里の新人公演時代

天彩峰里(あまいろ みねり、3月26日)は宝塚歌劇団100期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は母親と考えた〔1〕。

愛称は本名から「じゅり、じゅーりー」、芸名から「みねり」。

身長は164cm。

出身地は兵庫県宝塚市。出身校は市立御殿山中学。

 

趣味は旅行、京都散策〔1〕。

特技は新体操、琴〔1〕。

集めている品はアクセサリー〔1〕。

好きな花はバラ、チューリップ〔1〕。

好きな色はワインレッド、白、ピンク〔1〕。

好きな食べ物は京料理、果物〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は色々な役〔1〕。

 

2012年に宝塚音楽学校に入学。

2014年に宝塚音楽学校の卒業式で校長賞を受賞。宝塚歌劇団に100期生として入団し、月組公演「宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台を踏む。

2015年に星組に配属され、「パラ駅伝in TOKYO 2015」の開会式に出演。

2016年に「『桜華に舞え』-SAMURAI The FINAL-」の新人公演で衣波タカ役を務める。

2017年12月25日に宙組へ組替え。

 

関連ページ

所属:100期生星組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、宝塚おとめ 2014年度版~

One Response to “天彩峰里の新人公演時代”

  1. 匿名 より:

    可愛いです

コメントを残す

このページの先頭へ