大空祐飛の退団理由・退団後・結婚

大空祐飛(おおぞら ゆうひ、6月22日)は宝塚歌劇団78期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は父親に名付けられた。愛称は芸名から「ユウヒ」。

身長は170cm。血液型はA型。

出身地は東京都世田谷区。出身校は田園調布雙葉中学校。

祖父は政治家の渋谷直蔵。

所属事務所はエイベックス・マネジメント→エイベックス・ヴァンガード。


Sponsored Link

宝塚時代

トップ時代は台本の解釈を下級生にも分かるように説明していた〔2〕。

 

1990年に宝塚音楽学校に入学。

1992年に宝塚歌劇団の78期生として入団し、雪組公演「この恋は雲の涯まで」で初舞台を踏む。

1993年に月組に配属される。

1998年に「WEST SIDE STORY」で新人公演初主演、TAKARAZUKA1000days劇場こけら落とし公演主演を務める。

1999年に中国公演「夢幻花絵巻/ブラボー!タカラヅカ」の選抜メンバーを務める。

2001年に初ディナーショー「Selfish」を開催し、「血と砂」で汐美真帆とのダブル主演でバウホール公演初主演を務める。

2003年にディナーショー「Spark」を開催。

2004年に「THE LAST PARTY」でバウホール公演単独初主演を務める。

2005年にディナーショー「Spark II」を開催。

2006年に星組公演「ベルサイユのばら」にオスカル役で特別出演し、「THE LAST PARTY」で東京芸術劇場公演主演を務める。

2007年に「HOLLYWOOD LOVER」でバウホール公演、日本青年館公演主演を務める。

 

2008年に花組へ組替えし、男役2番手スターに就任。「銀ちゃんの恋」で主演を務め、ディナーショー「SORA-空の奇跡-」を開催。

花組はずっといたようななじみ感があった〔1〕。

「銀ちゃんの恋」は、主役の感情の起伏が激しいので、1回やるとヘトヘトになるほどエネルギーを使う〔1〕。

石田昌也には数年前に「あの作品、楽しかったですよね。またやったらいいのに」と話したことがあり、役者が揃ったので再演が決定した〔1〕。

 

2009年に宙組へ組替えしトップスターに就任。「大江山花伝-燃えつきてこそ-/Apassionado!! II」がトップお披露目公演、「カサブランカ」が宝塚大劇場トップお披露目公演となる。

2012年に『華やかなりし日々/「クライマックス」-Cry‐Max-』東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を同時退団。

 

退団後

2013年に女優として「エイベックス・マネジメント」に所属し、事務所の分社後は「エイベックス・ヴァンガード」に所属。

 

主演・エトワール

・トップ時代

華やかなりし日々/「クライマックス」-Cry‐Max-』(退団公演)

仮面のロマネスク/Apasionado!!II」

「クラシコ・イタリアーノ」-最高の男の仕立て方-/「NICE GUY!!」-その男、Yによる法則-』

ヴァレンチノ

「美しき生涯」-石田三成 永遠の愛と義-/「ルナロッサ」-夜に惑う旅人-』

誰がために鐘は鳴る

「銀ちゃんの恋」-つかこうへい作「蒲田行進曲」より-

「TRAFALGAR」-ネルソン、その愛と奇跡-/ファンキー・サンシャイン』

シャングリラ -水之城-

カサブランカ」(宝塚大劇場トップお披露目公演)

 

・全国ツアー公演

『「銀ちゃんの恋」-つかこうへい作「蒲田行進曲」より-』

 

・TAKARAZUKA1000days劇場

「WEST SIDE STORY」

 

・中日劇場公演

「仮面のロマネスク/Apasionado!!II」

 

・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演

「ヴァレンチノ」

「銀ちゃんの恋」

「シャングリラ -水之城-」

 

・日本青年館大ホール公演

「ヴァレンチノ」

「HOLLYWOOD LOVER」

「銀ちゃんの恋」

「シャングリラ -水之城-」

 

・東京芸術劇場公演

「THE LAST PARTY」

 

・新人公演1回

「WEST SIDE STORY」(初主演)

 

・宝塚バウホール公演3回

「血と砂」(初主演)

「THE LAST PARTY」

「HOLLYWOOD LOVER」

 

・ディナーショー

「Selfish」

「Spark」

「Spark II」

「SORA-空の奇跡-」

 

関連ページ

トップスターの同期生:貴城けい瀬奈じゅん

トップ娘役の同期生:檀れい

所属:78期生花組月組宙組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、「GO!GO!宝塚 銀ちゃん役で新たな一面 宝塚花組・大空祐飛」 日刊スポーツ

2、『プレシャス!宝塚 何の悔いもない/北翔海莉』 日刊スポーツ

コメントを残す

このページの先頭へ