壮海はるまの新人公演時代

壮海はるま(そうみ はるま、3月31日)は宝塚歌劇団103期生のタカラジェンヌ。

芸名は尊敬する人から一字貰い、自分で考えた〔1〕。

愛称は本名から「しま」。

身長は174㎝。

出身地は秋田県秋田市。出身校は聖霊女子短期大学附属高校。

 

趣味は舞台・音楽鑑賞、温泉〔1〕。

特技はデザインをする事〔1〕。

集めている品は素敵なノート、襟元の詰まった服〔1〕。

好きな花はスミレ、アマポーラ、バラ〔1〕。

好きな色は黒、赤、青、茶〔1〕。

好きな食べ物はいくら・イカ・タコ以外〔1〕。

苦手な食べ物はいくら、イカ、タコ〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は「若き日の唄は忘れじ」の牧文四朗〔1〕。

 

2015年に宝塚音楽学校に入学。

2017年に宝塚歌劇団に103期生として入団し、雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台を踏み、雪組に配属される。

 

関連ページ

所属:103期生雪組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、宝塚おとめ 2017年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ