叶羽時の新人公演ヒロイン卒業後

叶羽時(かのは とき、9月25日)は宝塚歌劇団96期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考え、父親が決めた〔7〕。

愛称は本名と芸名から「とき(ちゅん)、ときこ」。

身長は163→162㎝。血液型はB型。

マイペースな性格〔2〕。

出身地は兵庫県芦屋市。出身校は市立精道中学。

 

趣味はショッピング、散歩、走る事〔7〕。

特技は1㎝四方の折り紙で鶴を折る事〔7〕。

集めている品はアクセサリー(ピアス)、ケアベアグッズ〔7〕。

好きな花はバラ〔7〕。

好きな色はピンク(オペラピンク)〔7〕。

好きな食べ物は手料理(母親)、チーズケーキ、マカロン、揚げ物(唐揚げ)、豚肉〔7〕。

 

好きな事は舞台に立つ事〔1・2〕。

好きなテレビ番組は刑事ドラマ(相棒)〔3〕。


Sponsored Link

宝塚時代

ダンス力が高いタカラジェンヌとして活躍〔2〕。

目標は明るく元気で幸せオーラを纏っているスーパー娘役〔3〕。

役作りでは想像で役に肉付けしている〔2〕。

好きなのは芝居〔1〕。

入団して楽しかった事は、普段では経験できない事を舞台で経験できる事、男役に言葉をかけてもらえる事〔1〕。

見てもらいたい所は素直に感情を出している所〔1〕。

好きだった役は「Dancing Heroes!」の全て、「Heat on Beat!」全国ツアー公演のミューズ、「ロミオとジュリエット」の全て、「THE KINGDOM」のキャサリン、「舞音」新人公演のファン・トゥイ・リエン(マノン)、「A_EN」のリリィ・ヒューストン〔7〕。

演じてみたい役は色々な役、「ロミオとジュリエット」のジュリエット、大人の女性、愛する者の為に自ら命を絶つ役、夢に向かって走り続ける役、「相棒」の犯人〔3・7〕。

 

他の同期はしっかりしている〔3〕。

上級生には幸が薄い娘役では相手役が引き立たないので、スーパー娘役でいるように言われた〔3〕。

 

2008年に宝塚音楽学校に入学。

 

2010年に宝塚歌劇団に96期生として入団し、月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台を踏み、月組に配属される。

「相棒」を観劇〔3〕。

 

2014年に「TAKARAZUKA花詩集100!!」で蘭の女王役を務める。

「TAKARAZUKA花詩集100!!」では、愛希れいかに「チャンスは掴むもの」と言われた〔2〕。

 

2015年に「1789 -バスティーユの恋人たち-」の新人公演でオランプ役、「舞音-MANON-」で新人公演初ヒロインを務める。

「舞音」の役作りでは、新人公演で本人を演じた経験を分身役に生かし、色っぽく演じた〔4・5〕。

美弥るりかには表情だけではなくアクションで表現するようにアドバイスされた〔3〕。

 

新人公演の役作りでは、自分にない美しさや生き方を作り出す事に苦労した〔3〕。

ベッドシーンでは何処を見ればいいのか分からなかったので、ずっと朝美絢の事を見ていた〔6〕。

朝美絢には色々アドバイスされた〔3〕。

 

2016年に宝塚歌劇団の公開講座に出演し、「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-」の新人公演でねね役を務め、凪七瑠海ディナーショー「Evolution!」に出演。


Sponsored Link

入団前

3歳からタップダンスを習い、舞台に立つ事が好きだった〔1・2〕。

ダンスの発表会で人前に立つ事が好きだと気付き、宝塚なら毎日舞台に立てると先生に勧められ、宝塚受験を決意した〔1〕。

 

主演・エトワール

・新人公演1回

舞音-MANON-」(初ヒロイン)

 

・新人公演(相手役)1回

1789 -バスティーユの恋人たち-

 

関連ページ

トップ娘役の同期生:咲妃みゆ花乃まりあ綺咲愛里

所属:96期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、「#697 特別編 フレッシュ!カフェブレ 月組96期」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年8月7日 TOKYO MX

2、「フェアリーインタビュー 月組 叶羽 時」 ウィズたからづか 2015年12月号

3、「#723 月組/朝美絢(あさみ じゅん) 叶羽時(かのは とき)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2016年2月12日 TOKYO MX

4、「宝塚歌劇月組・朝美絢がラスト新人公演主演に笑顔「役を生き抜いた」」 スポーツ報知

5、「月組新公 故夏目さん姪一際目立つ美貌」 デイリースポーツ

6、「#725 特別編」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2016年2月26日 TOKYO MX

7、宝塚おとめ 2010年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ