千ほさち(森ほさち)の退団理由・退団後・結婚

千ほさち(せん ほさち、8月16日)は宝塚歌劇団80期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は「千手観音菩薩」から恩師に名付けられた。

愛称は芸名から「ほさち」。

身長は162cm。

出身地は大阪府堺市。出身校は羽衣学園高等学校。

 

宝塚時代

1992年に宝塚音楽学校に入学。

1994年に宝塚歌劇団の80期生として入団し、花組公演「ブラック・ジャック 危険な賭け/火の鳥」で初舞台を踏む。

1995年に月組に配属され、「ME AND MY GIRL」の一幕で新人公演初ヒロインを務める。

1996年に「CAN-CAN」で新人公演ヒロインを務め、花組へ組替えし花組娘役トップに就任。「Ryoma」がお披露目公演となる。

1997年に「失われた楽園/サザンクロス・レビュー」が宝塚大劇場お披露目公演となる。

1998年に「SPEAKEASY/スナイパー」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。


Sponsored Link

退団後

芸名を「森ほさち」に改名し女優として活動。

 

主演・エトワール

・新人公演2回

「ME AND MY GIRL」(初ヒロイン)

「CAN-CAN」

 

関連ページ

トップスターの同期生:霧矢大夢

所属:80期生花組月組


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ