凪七瑠海の専科時代

凪七瑠海(なぎな るうみ、11月11日)は宝塚歌劇団89期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は尊師と家族で考え、「海のイメージ」と「流れの綺麗さ」と「全体の画数」から「凪七」を家族、イランの詩人「ジャラール・ウッディーン・ルーミー」から「るうみ」と作家の陳舜臣に名付けられ、「瑠海」の漢字を当てた〔17・20〕。

愛称は本名から「カチャ、ガチャガチャ、エリカ、エリア」、芸名から「なぎ」。

身長は170cm。血液型はB型。

優等生に見える不器用な自由人〔6・13〕。

出身地は東京都世田谷区。出身校は田園調布雙葉高等学校。

父親は声楽家の高丈二。

いとこは宝塚歌劇団67期生の燁明。

 

趣味は買い物、夜景を眺める事、日向ぼっこ〔20〕。

集めている品はアクセサリー、洋服〔20〕。

好きな花はバラ、チューリップ〔20〕。

好きな色は薄紫、水色、エメラルドグリーン〔20〕。

好きな食べ物は果物、焼肉、家庭料理、クッキー、周りがパイっぽいウインナーパン〔8・9・20〕。

 

好きな物はインテリア〔8〕。

好きな事は間取り図を見て妄想する事〔8〕。

ハマっている事は物件探し、バスソルト(サンタマリア ノヴェッラ【ザクロ】)〔8・10〕。

勉強している事はカラーコーディネート〔8〕。

好きな舞台は大空祐飛の芝居と中近東のショー〔2〕。

 

家は片付けコーディネーター並みに整理整頓されている〔11〕。


Sponsored Link

宝塚時代

長い手足を生かしたキレのあるダンスと安定した歌唱力、演技力が持ち味の、小顔で八頭身の中性的なタカラジェンヌとして活躍〔1・2・12・14・15〕。

目標は心を大切にし品格を感じさせる舞台人。感受性の豊かな男役〔17・18〕。

苦手だった事は芝居、声楽〔2〕。

演じてみたい役は色々な役、悪役〔16・20〕。

出演したい演目は「ノバ・ボサ・ノバ」〔17〕。

 

公演期間と重なるので、カラーコーディネーターの試験を受けられなかった〔8〕。

下級生の頃は華奢な身体つきがコンプレックスで、娘役のような高い声とルックスだったので、男役として焦っていた〔2・16〕。

成績は卒業時だけ良かった〔15〕。

 

蓮城まこととは予科生の頃から仲が良かった〔10〕。

上級生からは「舞台上では自信、袖では反省、その逆をしてはいけない」とアドバイスされた〔4・5〕。

父親からは「困難は、乗り越えられる人にしか来ないのだから、頑張りなさい」とアドバイスされた〔4・5〕。

 

2001年に宝塚音楽学校に入学。

好きな科目は身体を動かす科目〔18〕。

苦手だった科目は日本舞踊〔18〕。

モダンダンスの成績は常にトップだった〔18〕。

 

2003年に宝塚歌劇団に89期生として首席入団し、月組公演「花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン」で初舞台を踏み、宙組に配属。「阪急阪神」の初詣ポスターモデルを務め、「初風緑コンサート」に出演。

宝塚音楽学校卒業前の成績は3番〔18〕。

卒業式では卒業生総代を務め、「宝塚乙女の『清く正しく美しく』の教えを忘れず、いっそう精進してまいります」と答辞を述べた〔19〕。

 

初詣ポスターの撮影は、振袖とかんざしが初めてだったので恥ずかしかった〔17〕。

 

2005年に「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第4期スカイ・フェアリーズに就任。

 

2008年に「Paradise Prince」の新人公演でアンソニー役を務める。

「Paradise Prince」の新人公演では、悪役をやる夢が叶ったので喜んだ〔16〕。

役作りでは、蘭寿とむに学びながら自分の色も出せるようにした〔16〕。

 

2009年に月組公演「エリザベート」に特別出演し初ヒロイン、「カサブランカ」で新人公演主演を務める。

「エリザベート」では、瀬奈じゅんのトートに相応しいという理由でヒロインに抜擢され、女役を演じることで悩んでいたが、ファンからの手紙に励まされた〔3・7〕。

稽古場では緊張していたので、同期の後ろにくっついて歩いていた〔13〕。

演出家には「大きな賭け」と言われていた〔15〕。

 

「カサブランカ」では、約半年ぶりの男役だったので、稽古集合日は緊張して男役を忘れてしまった〔15〕。

新人公演では、「エリザベート」で抜擢された経験を生かすために弾けきるようにした〔15〕。

香盤表を見た時は、新人公演卒業前のラストチャンスだったので「最後の最後にありがとうございます」と感じていた〔15〕。

 

2010年に『「Je Chante」-終わりなき喝采-』で宝塚バウホール公演初主演、POND’S×宝塚歌劇「美は宝」キャンペーン広告の選抜メンバーを務める。

 

2013年に月組へ組替え。「THE MERRY WIDOW」でカミーユ・ド・ロション役、「ME AND MY GIRL」で女役のジャッキー役を務める。

月組へ組替えした際は、月組で初舞台を踏み、月組に特別出演していたので、下級生に「お帰りなさい」と言われた〔1〕。

 

「ME AND MY GIRL」の役作りでは、過去の上演作を見て真琴つばさを参考にし、女性の気持ちが分からなかったので、「明るい壇蜜」をイメージして人物像を作り上げた〔13〕。

龍真咲には、美弥るりかとは違うタイプなので、思い切って自分のいい所を押し出せばいいと励まされた〔13〕。

美弥るりかとは意見交換をしていた〔13〕。

 

2014年に「風と共に去りぬ」で女役のスカーレットⅡ役、「TAKARAZUKA 花詩集100!!」の宝塚大劇場、東京宝塚劇場公演で初エトワール、「THE KINGDOM」の日本青年館大ホール公演、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演で美弥るりかとダブル主演、「PUCK」でライオネル・ジャスパー役を務める。

「風と共に去りぬ」の役作りでは、スカーレットⅠに合わせた〔1〕。

「風と共に去りぬ」まで女役が続いたので、男役が演じる意味を考え込んでいた〔1〕。

 

2015年に「1789 -バスティーユの恋人たち-」でカミーユ・デムーラン役、「『オイディプス王』~ソフォクレス原作「オイディプス王」より~」で宝塚バウホール公演初ヒロイン、「舞音-MANON-」でクリストフ・モラン役を務める。

「1789」では、深夜に妄想している時にデムーラン象が思い浮かび、憧花ゆりのにすぐメールをしたが、午前2~3時頃で眠っていたのですぐに返信が来なかった〔8〕。

 

「宝塚パーソナルブック 2015 vol.2 凪七瑠海」のテーマは謎の貴公子〔9〕。

表紙は自分でプロデュースし、撮影は極寒の中で行われた〔8・9〕。

 

「タカラヅカスペシャル2015 -New Century,Next Dream-」では、休憩中に同期で集まった〔10〕。

 

「舞音-MANON-」の役作りでは、最後まで理性と感情のバランスが難しかった〔10〕。

軍服の着こなしではシルエットにこだわり、小顔なので肩幅に気を付けた〔10〕。

植田景子からはシャルルの模範的存在でいるように言われた〔10〕。

 

「GOLDEN JAZZ」では、ゴスペルのシーンの前に何と無く袖で踊っていたら、龍真咲も毎回一緒に踊ってくれたので前のシーンと繋がった〔10〕。

 

2016年に「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-」で明智光秀役を務め、専科に異動しディナーショー「Evolution!」を開催。

2017年に第54回「宝塚舞踊会」に出演。

 

入団前

小学生の頃からダンス、小学4年生からバレエ、宝塚受験を決意してからピアノ、声楽を習っていた〔2・17・18〕。

幼少期に宝塚歌劇を初観劇した時は、恥ずかしくてまともに見られなかった〔18〕。

中学3年生の時に「ノバ・ボサ・ノバ」を観劇し、バレエとは違うエネルギッシュなダンスの虜になり、宝塚受験を決意した〔17・18〕。

 

主演・エトワール

・本公演1回

「エリザベート」(初ヒロイン)

 

・日本青年館大ホール公演、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演

THE KINGDOM

 

・宝塚バウホール公演2回

『オイディプス王』~ソフォクレス原作「オイディプス王」より~」(初ヒロイン)

「Je Chante」-終わりなき喝采-』(初主演)

 

・新人公演1回

カサブランカ」(初主演)

 

・エトワール1回

明日への指針 ―センチュリー号の航海日誌―/TAKARAZUKA 花詩集100!!」(初エトワール)

 

関連ページ

トップスターの同期生:明日海りお

トップ娘役の同期生:夢咲ねね

所属:89期生月組宙組


Sponsored Link


Sponsored Link

ページ: 1 2

コメントを残す

このページの先頭へ