伊織直加(伊央里直加)の退団理由・退団後・結婚

伊織直加(いおり なおか、5月9日)は宝塚歌劇団75期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた。愛称は「ナオ」。

身長は168㎝→166cm。血液型はAB型。

出身地は大阪府和泉市。出身校は大阪教育大学附属天王寺高等学校。

所属事務所はアトリエ・ダンカン→引退。

宝塚時代

泉州銀行のCMキャラクターを務める。

 

1987年に宝塚音楽学校に入学。

1989年に宝塚歌劇団の75期生として入団し、星組公演「春の踊り-恋の花歌舞伎-/ディガ・ディガ・ドゥ」で初舞台を踏む。

1990年に花組に配属される。

1994年にロンドン公演の選抜メンバーを務める。

1995年に「エデンの東」で新人公演初主演を務める。

1996年に「ハイペリオン」で新人公演主演を務める。

1998年に「Endless Love」でバウホール公演単独初主演を務める。

2000年に専科へ異動。

2003年に宙組公演「傭兵ピエール・満天星大夜総会-STARDUST PARTY-」千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

女優として「アトリエ・ダンカン」に所属。

 

2005年に芸名を「伊央里直加」に改名。

2006年にヨーガの指導員資格を取得しヨガ指導教員として活動。

2007年に製薬会社勤務の米国一般人男性と結婚。

2008年に挙式。

2009年に長女を出産。

2011年に「gratitude~Endless Love~」で芸能界を引退し、「アトリエ・ダンカン」を退社。米国に移住。

 

入団前

小学校高学年からバレエ、中学生のときからジャズダンスを習っていた。高校1年修了時にミュージカルダンサーになるため宝塚受験を決意し受験に合格した。

 

主演・エトワール

・新人公演

「エデンの東」(初主演)

「ハイペリオン」

 

・バウホール公演

「Endless Love」(初主演)

 

関連ページ

トップスターの同期生:湖月わたる

所属:75期生花組専科


Sponsored Link


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ