亜音有星の新人公演時代

亜音有星(あのん ゆうせい、2月14日)は宝塚歌劇団103期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔1〕。

愛称は本名から「ユキノ、ぴろ」。

身長は173㎝。

出身地は佐賀県佐賀市。出身校は佐賀市立大和中学校。

姉は宝塚歌劇団99期生の蒼舞咲歩。

 

趣味は星を見る事、動物と触れ合う事〔1〕。

特技は水泳、子守〔1〕。

集めている品はキラキラした物〔1〕。

好きな花はチューリップ〔1〕。

好きな色は黄緑〔1〕。

好きな食べ物は苺、うどん、肉、果物〔1〕。

 

好きな事は歌う事〔3〕。


Sponsored Link

宝塚時代

長身の美しいタカラジェンヌとして活躍〔2〕。

佐賀県初となる姉妹タカラジェンヌ。

目標は歌の上手い男役〔3〕。

演じてみたい役は色々な役〔1〕。

 

2015年に宝塚音楽学校に入学。

2017年に宝塚音楽学校の文化祭でB班の主演を務め、宝塚歌劇団に103期生として入団し、雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台を踏み、宙組に配属される。

 

入団前

3歳からバレエ、中学2年生の秋から声楽を習っていた〔3〕。

 

姉の舞台を観劇した影響で宝塚受験を決意し、中学卒業時に初めての受験で合格した〔3〕。

宝塚受験では幼少期から宝塚受験スクールに通っていた他の受験生達に実力で劣っていたので、気持ちだけは負けないようにして受験に臨んだ〔3〕。

合格発表では合格が信じられなかったので、何度も自分の番号を確認した〔3〕。

 

関連ページ

所属:103期生宙組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、宝塚おとめ 2017年度版~

2、「広田さん(佐賀市出身)待望の歌劇デビュー」 佐賀新聞

3、「ジェンヌの姉追い夢切符 宝塚に広田さん合格」 佐賀新聞

コメントを残す

このページの先頭へ