ふづき美世の退団理由・退団後・結婚

ふづき美世(ふづき みよ、7月28日)は宝塚歌劇団81期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名の由来は本名から家族で考えた。愛称は芸名から「ふーちゃん、ふー」。

身長は159cm。

出身地は埼玉県久喜市。出身校は東邦第二高等学校。


Sponsored Link

宝塚時代

1993年に宝塚音楽学校に入学。

1995年に宝塚歌劇団の81期生として入団し、星組公演「国境のない地図」で初舞台を踏み、花組に配属される。

1999年に「夜明けの序曲」で新人公演初ヒロインを務める。

2000年に「源氏物語 あさきゆめみし」と「ルートヴィヒII世」で新人公演ヒロインを務める。

2001年に宙組へ組替え。

2002年に「エイジ・オブ・イノセンス」でバウホール公演初ヒロインを務め、花組へ組替え。

2003年に花組トップ娘役に就任し、「不滅の棘」がお披露目公演、「野風の笛/レヴュー誕生」が宝塚大劇場お披露目公演となる。

2006年に「落陽のパレルモ/ASIAN WINDS!」で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

2007年に結婚。

 

入団前

日向薫の星組公演を観劇して宝塚受験を決意した。

 

主演・エトワール

・新人公演3回

「夜明けの序曲」(初ヒロイン)

「源氏物語 あさきゆめみし」

「ルートヴィヒII世」

 

・バウホール公演1回

「エイジ・オブ・イノセンス」(初ヒロイン)

 

関連ページ

トップスターの同期生:大和悠河真飛聖

トップ娘役の同期生:舞風りら

所属:81期生花組宙組


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ